ヘッドライン

    お勧め記事

    食品

    はてなブックマークに追加
    1 名前:もろこしφφ ★:2011/11/14(月) 19:57:33.72 ID:???

    日清食品株式会社(社長:中川 晋)は、「純豆腐 からだぽかぽかスンドゥブチゲスープ」を11月28日(月)に全国で新発売
    します。

     「純豆腐 からだぽかぽかスンドゥブチゲスープ」は、韓国料理「スンドゥブチゲ」にヒハツ*エキスを配合した、寒い季節にぴったりの
    からだがぽかぽか温まるカップスープです。寒い時季、体を芯から温めたい時にぴったりの商品です。

     2009年12月の発売以来、毎年冬季に発売しているヒハツエキスを配合した「スンドゥブチゲスープ」は、女性を中心にご好評
    いただいています。

    <30秒で復元する、大きくてふんわりとしたおぼろ豆腐の「スンドゥブチゲスープ」>

    http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0296595_01.jpg


     「スンドゥブチゲ」は、柔らかいおぼろ豆腐を使った辛味の韓国料理です。近年、女性の間で注目度が高く、専門店には行列が
    できるほど人気を集めています。

     本商品のメイン具材である大きなおぼろ豆腐は、弊社独自のフリーズドライ技術を用い、お湯を入れて約30秒で食べられる
    復元性と、口の中でふんわりとろける柔らかな食感が特徴です。

     スープはアサリを中心とした海鮮だしのうまみが効いた、深い味わいの本格的なチゲスープです。

    *ヒハツとは
     コショウ科の植物で別名をナガコショウ/ロングペッパーといい、東南アジアや沖縄などでは古くから香辛料として利用されています。
    近年ではショウガや唐辛子と並び、寒い季節を乗り切りたい方にぴったりの素材です。

    ■商品特徴

    (1)スープ:アサリを中心とした海鮮だしのうまみがたっぷり溶けた、コチュジャンベースの本格的な味わいのチゲスープ。

    (2)具 材:「スンドゥブチゲ」のメイン具材である大きなおぼろ豆腐。お湯を入れて約30秒で食べられる復元性と、口の中で
    ふんわりとろける柔らかな食感が特徴です。肉そぼろ、ネギ、かきたま入り。

    (3)機能性成分:ヒハツエキス配合。

    (4)カロリー:1食あたり69kcal。

    ■商品パッケージ
    http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0296595_02.jpg


    (以下略)

    ソース(日経プレスリリース) http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=296595&lindID=4

    日清食品:「純豆腐 からだぽかぽか スンドゥブチゲスープ」(11月14日発売) (ニュースリリース)
    http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?yr=2011&mn=11&nid=2481



    はてなブックマークに追加
    1 名前:水道水φ ★:2011/10/29(土) 13:45:13.51 ID:???

    ●日中駅弁対決!「幕の内」VS「6カ月腐らない弁当」、その軍配は?―中国掲示板

    2011年10月21日、日本と中国の駅弁を比較して、中国の弁当のあまりの「まずさ」と「ありえなさ」
    を嘆いた書き込みが、中国のネット掲示板・新浪論壇に掲載された。

    ご丁寧に写真入りで紹介された日中両国の駅弁は、一目ではっきりと分かるくらいその差は歴然だ。
    まずは、中国の高速鉄道で販売されている「品質保持期限6カ月」の駅弁について。書き込み主はこ
    う記している。「我らが偉大な中国鉄道部は高速鉄道の安全性・先進性はいまだに世界から認められ
    ていないのに、食品分野で世界有数の技術を確立したのか」。

    この駅弁、中身はご飯、ジャガイモ、タマゴといったオーソドックスなものだが、「防腐剤無添加」で
    常温保存が可能というから画期的だ。普通なら真空か低温でしか6カ月ももたないはずだが、一体
    どんな技術でこれを実現させたのだろうか?

    一方、日本の幕の内弁当を目の当たりにした書き込み主は、感動と嫉妬で「心中穏やかでいられ
    なかった」とつづっている。どれも美味しそうで色彩も鮮やか。品数も多く、ざっと数えただけで20種類
    以上も入っている。こんなにボリュームたっぷりなのに、油っぽくないためどんなに食べても胸焼け
    しない。「なんて幸せな気分にさせてくれるのか」と絶賛している。

    この日中駅弁対決、書き込み主は自らを「決して日本ファンではない」と断った上で、「両者の差は
    誰が見ても明らかだ」と完敗を認めている。(翻訳・編集/NN)


    ソース:Record China 2011-10-29 12:51:13 配信
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=55547
    画像:中国の駅弁。
    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=CFP422234551.jpg

    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=CFP422234549.jpg

    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=CFP422234547.jpg

    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=CFP422234548.jpg


    関連スレ
    【中国】列車内で弁当一律15元(約180円)以下に値下げ 「残飯に切り替えて値下げだろ」せつなくなるほどマズかった[10/19](dat落ち)
    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1318992386/


    3 名前:水道水φ ★:2011/10/29(土) 13:46:16.38 ID:???

    中国の駅弁について

    ・中国新幹線で売られている駅弁を食べてみた! ホッカホカだが吐くほどマズい
    http://rocketnews24.com/2011/08/12/121051/
    http://files.rocketnews24.com/wp-content/uploads/2011/08/chinalunchbox1.jpg

    http://files.rocketnews24.com/wp-content/uploads/2011/08/chinalunchbox2.jpg


    ・いつまで経っても腐らない?!ありえない駅弁が話題に=検査結果は「異常なし」―中国
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/231402

    ・中国高速鉄道で賞味期限半年の「駅弁」販売 製造会社「防腐剤添加していません」
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00210149.html



    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニライカナイφ ★:2011/10/04(火) 20:59:51.64 ID:???

    ◆“辛ラーメンにゴキブリ”ネットで話題に

    日本でも目にすることが多くなった韓国のインスタントラーメン、辛ラーメン。
    その辛ラーメンで虚偽の広告が打たれており、また異物混入が発生していたことが
    ネットで話題になっている。

    ・イギリスとドイツが不衛生な韓国製ラーメンを輸入禁止 
    過去にねずみの頭部やゴキブリ混入の韓国メーカー (ハムスター速報)
    http://hamusoku.com/archives/6136356.html

    今年の6月にも、香港で、辛ラーメンの調味料から可塑剤が検出されたことが
    話題になっていた。

    ・インスタントラーメンの調味料から可塑剤が検出、海外メーカーの製品からも―香港
    http://news.livedoor.com/article/detail/5629863/

    そして、この頃に、韓国の公正取引委員会から、虚偽の広告をうったことにより
    課徴金を命じられる制裁を受けている。

    ・「辛ラーメンブラック」虚偽・誇張で農心に課徴金(中央日報)
    http://japanese.joins.com/article/263/141263.html?servcode=300§code=320

    イギリスによる大量輸入が禁止されたのは2005年頃であることが
    中央日報の記事からわかる。

    ・英、農心辛ラーメンなど大量輸入禁止(中央日報)
    http://japanese.joins.com/article/045/65045.html?servcode=300§code=300/

    辛ラーメンへの異物混入は2008年に連続して発覚したようだ。

    現在は閲覧することが出来ないが、バックナンバーから
    辛ラーメンでゴキブリの混入があったことが伺える。

    ・"辛ラーメン" に対する検索結果
    http://search.chosunonline.com/?s=ALL&q=%E8%BE%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3&t=tc&i=&p=2
    “異物混入:農心、今度は「ゴキブリ入り辛ラーメン」”
    “異物混入:農心、今度はラーメンにコクゾウムシ ”

    このように過去に数々のトラブルを引き起こした辛ラーメンが、
    日本で流通することに不安を感じるのは消費者心理として当然。
    ネットユーザーの反応は決して過剰反応とは言えないだろう。

    livedoor 2011年10月04日17時21分
    http://news.livedoor.com/article/detail/5911453/



    はてなブックマークに追加
    1 名前:HONEY MILKφ ★:2011/10/03(月) 10:58:48.68 ID:???

    株式会社アイ・ジー・エム トレーディング(東京都港区赤坂、梅木薫代表取締役)は、9月より
    「トゥンセラーメン(カップ)」を日本初となる販売を開始しました。

    同商品は、韓国で最も辛いと言われている超激辛人気ラーメン店「トゥンセラーメン」(2011年
    で創業30周年)のラーメンをカップ麺タイプにしたもので、とうがらしをふんだんに使い、超激辛
    に仕上げています。その辛さは、社内をはじめとする試食会で、途中で試食を断念する者が
    出るほどの辛さです!(辛いものが苦手な方には本当にご遠慮いただいております。)

    弊社では、韓国の即席麺大手の「韓国ヤクルト」との提携商品として、昨年6月に発売した
    〝辛くない〟「コムタンカップ麺」がスーパー・量販店で400万個を超えるヒットとなり、TVにも
    取り上げていただきました。今回の「トゥンセラーメン(カップ)」がその第二弾商品となります。

    全国で順次取扱い店舗様が増加しているなか、「韓流」と「激辛」という話題性を併せ持つ
    〝旬な〟商品と言える「トゥンセラーメン(カップ)」をぜひご紹介いただけますと幸いです。

    ■トゥンセラーメンとは
    1981年、韓国ソウルの明洞(ミョンドン)にオープンするや、その辛さが評判になり、瞬く間に
    韓国中の話題となり、今や約180店舗までに拡大。今年で30周年を迎える人気ラーメン店。
    〝トゥンセ〟とは、〝路地〟〝隙間〟という意味で、その名の通りビルとビルの間に隠れ家
    的に当初出店したのが名前の由来。

    商品名:トゥンセラーメン(カップ)
    内容量:65g(めん57g)
    JANコード:4959090810265
    希望小売価格:128円(税込み)

    【お問い合わせ】 株式会社 アイ・ジー・エム トレーディング
    住所:東京都港区赤坂7丁目10番7号 赤坂FSビル8F
    電話:03-5*45-5*11
    URL:http://www.igm-trading.co.jp/

    (写真)
    http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000039374&id=bodyimage1

    ソース:Dream News (プレスリリース)
    http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000039374



    Ads
    記事検索
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【朝日新聞】平昌五輪不人気、高額料金を設定した宿泊業者が悲鳴。予約客が3割にも満たず値下げ宣言。ぼったくりの取り締まりも
    • 【小藪千豊】「『憲法9条があるから戦争は起きない』って言ってた人が『北朝鮮と戦争になるかも』って言い始めた。おかしい」
    • 【小藪千豊】「『憲法9条があるから戦争は起きない』って言ってた人が『北朝鮮と戦争になるかも』って言い始めた。おかしい」
    • 【韓国】「タバコの火を貸してほしい」…断られて性器を露出した50代に懲役刑
    • 【朝日新聞】就職難の韓国、日本に熱視線。「K-Move」で後押し。人材確保の新たな道として日本企業も関心を寄せる
    • 【朝日新聞】就職難の韓国、日本に熱視線。「K-Move」で後押し。人材確保の新たな道として日本企業も関心を寄せる
    • 【朝日新聞】就職難の韓国、日本に熱視線。「K-Move」で後押し。人材確保の新たな道として日本企業も関心を寄せる
    • 【朝日新聞】就職難の韓国、日本に熱視線。「K-Move」で後押し。人材確保の新たな道として日本企業も関心を寄せる
    • 【朝日新聞】就職難の韓国、日本に熱視線。「K-Move」で後押し。人材確保の新たな道として日本企業も関心を寄せる
    • 【朝日新聞】就職難の韓国、日本に熱視線。「K-Move」で後押し。人材確保の新たな道として日本企業も関心を寄せる
    • 【神奈川新聞】「同じ高校生、差別おかしい」「学ぶ権利が侵されている」…朝鮮学校生徒が無償化と補助金再開を求める署名活動
    • 【話題】ゲーム世界大会で韓国人の態度が無礼だと非難 キーボードを足で操作し勝利
    • 【韓国】 国の外交儀式は「国内用」ではない~トランプ晩餐会を企画した人は平昌五輪に日本の総理を招くことを考えていたか
    • 【現代ビジネス】ねえ、どう思う?最近『韓国人になりたいんですけど……』っていう相談が増えたんだけど
    • 【現代ビジネス】ねえ、どう思う?最近『韓国人になりたいんですけど……』っていう相談が増えたんだけど
    • 【韓国】福岡市が釜山少女像に対する懸念を表明 ⇒ 釜山市民団体「福岡市は慰安婦問題について謝罪しろ」
    • 【字】韓国で「漢字」が読めない人が増えている弊害とは 漢字でコミュニケーションを 日中韓の対話は漢字から
    • 【話題】外国人が韓国茶道を体験
    • 【文化】 韓国茶の歴史二千年、倭乱・強占期で日本に奪われたが…伝統を復元、今や世界が韓国を茶文化国家として知る
    • 【韓国】「性器が8cm以下の男性は兵役を免除してほしい」という国民請願がある
    • 【話題】北朝鮮がミサイル発射した直後の民進党・大塚代表「今日の本題に移ります。加計学園がですね…」
    • 【北欧】 「日本へ庭園文化を伝えたのは韓国なのに…」 ~ノルウェーにウリナラの建築文化を紹介、「韓国庭園」オープンへ
    • 【韓国】韓国人学者「慰安所管理人の日記を精読し現地調査もしたが、慰安婦を強制連行したという証拠は一切無い」
    • 【フランス】 「ここに韓国がある」モンペリエ韓国文化祭 ~日本と中国の文化祭より規模と質が優れているという評価
    • 【東京】「慰安婦問題を解決しなければ、今日本で起きている性暴力を解決できない」…日本の良心的市民たちが渋谷でろうそく集会
    • 【東京】「慰安婦問題を解決しなければ、今日本で起きている性暴力を解決できない」…日本の良心的市民たちが渋谷でろうそく集会
    • 【東京】「慰安婦問題を解決しなければ、今日本で起きている性暴力を解決できない」…日本の良心的市民たちが渋谷でろうそく集会

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ