ヘッドライン

    お勧め記事

    拉致問題

    はてなブックマークに追加
    1 名前:天の書記φ ★:2011/12/04(日) 22:58:05.98 ID:???

    日本が国連総会第66回会議第3委員会で「拉致問題」を反共和国を狙って「人権決議」採択に含ませ
    るよう暴れた。
    国連駐在日本大使は、採決が行われる前の演説で「まだ朝鮮による拉致の可能性を排除することが出
    来ず、そのような未解決問題が依然残っている」としながら、世論を操るために東奔西走している。

    特大の人権犯罪国である日本が、人権について自分勝手な説を振り舞きながら、毎年「決議」の発議
    者となっているのはどう考えてもおかしい。
    一言で今回の「決議」採択ゲームは、私たちの共和国を敵視する日本を始めとした反共和国勢力が毎
    年繰り広げている政治的謀略策動の一環であり、そこに一考の価値もない。

    今、人権と人道主義に対して日本ほど騒ぐ国は珍しい。
    ふと見れば、日本が人??権問題の解決にかなりの関心を持っているようではあるが……
    果たして日本が人権を口にする資格がある国なのか。
    人権について言えば、日本は口が裂けても何も口には出来ない境遇にある。
    歴史にその同種の行為を見ることのない人権蹂躙犯罪人、朝鮮人への日帝の蛮行に対する日本の誤っ
    た態度からもそのように言える。

    日帝は朝鮮占領の時期、我が人民に天すらも激怒する悪行を犯した戦犯国家としての汚名を歴史に残
    した。
    我が国へおよそ半世紀の間に渡り軍事的圧力から100万人を虐殺して840万人を強制連行し、20万人の
    朝鮮女性を拉致し日本軍の性奴隷として強要した。
    戦後60余年が過ぎても、これに対する誠意ある謝罪と賠償は愚か、過去の我々人民に犯した特大の反
    人倫犯罪を無視しようと画策している。
    日本が国際舞台で人倫・人権を謳いながら、誰よりも反共和国策動を強引に通そうと暴れるのは、ま
    さにこのためだ。

    我々が数回表明したように「拉致問題」は、既に解決された問題である。
    日本がすべて解決された「拉致問題」を意図的に浮上させ国際化しながら、まだ「未解決」として残っ
    ているよう歪曲誇張しているのは、完全にこの問題を自らの政略的な目的に悪用するためのものだ。
    日本は、その「人権問題」を論じる前に、自らの行ないを正してみるのが良いだろう。


    朝鮮中央通信/ハングル(2011/12/03)
    http://www.kcna.kp/goHome.do?lang=kor



    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニライカナイφ ★:2011/11/06(日) 07:18:50.68 ID:???

    ◆北朝鮮・ピョンヤン市民名簿に横田 めぐみさんとみられる女性のデータ
      ~韓国メディア報道~

    2005年に完成したとされる北朝鮮・ピョンヤン市民の名簿の中に、
    横田めぐみさんとみられる女性のデータが載っていたと、韓国メディアが報じた。

    5日発売の「週刊朝鮮」によると、横田めぐみさんとみられる女性は、
    「ハン・ソネ」という名前で記載され、生年月日が横田さんと一致している。

    さらに女性は、横田さんの娘、キム・ウンギョンさんと同じ名前の女性と
    市民証の番号が続いていて、家族である可能性が高いことや、
    横田さんの夫と同じ名前の男性と結婚していることなどから、
    記事は、この女性が横田さんであると推定されるとしている。

    この名簿は、2002年ごろからデータ収集が行われたとされ、
    女性が横田さんであれば、北朝鮮側が死亡したと主張している1994年以降も、
    横田さんが生存ということになる。

    名簿に記されている血液型が、横田さんと一致していないなどの点はあるものの、
    朝鮮半島外交筋は「興味深い内容で、くわしく調べる必要がある」としている。

    写真:http://www.fnn-news.com/news/jpg/wu2011110603_50.jpg


    FNNニュース 2011/11/06 06:41
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00211002.html



    Ads
    記事検索
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【韓国/航空技術】 壬辰倭乱時に空を飛んだ「ピチャ(飛車」、発展委員会開催 ~ライト兄弟の初期飛行より300年早く
    • 【科学】 ノーベル賞とったニュートリノ検出装置の後継機「ハイパーカミオカンデ」韓国に建設?~日本が提案
    • 【慰安婦財団】理事長が辞意=事実上、活動停止か-韓国
    • 【韓国】慰安婦被害者のキム・グンジャさん死去・・・生存者あと37人
    • 【慰安婦問題】 20万慰安婦の惨状・日本の蛮行に米国で関心高まる~ニュージャージー州バーゲン郡にキリム碑建つ
    • 【ホルホル】日本の10代に『ちょー人気』という韓国文化3つ
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【中国】太極拳名人が次々と「敗北」「逃走」の失態…「武道ではない」との批判も
    • 【経済】東芝半導体売却白紙も?韓国SK「裏切り」で大混迷 東芝の技術が韓国のSKに奪われたら、日本の半導体産業は赤信号
    • 【経済】東芝半導体売却白紙も?韓国SK「裏切り」で大混迷 東芝の技術が韓国のSKに奪われたら、日本の半導体産業は赤信号
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【話題】百田尚樹「日本アリ、頑張れ!ヒアリを撃退せよ!日本は外来種と共存できない!」 → 在日が激怒
    • 【朝鮮日報】なぜIMFは韓国政府に根掘り葉掘り質問するのか
    • 【取材日記】 18秒に込められた慰安婦「真実」~日本は全世界の慰安婦20万人に心から謝罪しなければならない
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像、ソウル大研究陣が公開
    • 【韓国】韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像、ソウル大研究陣が公開

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ