ヘッドライン

    お勧め記事

    中国

    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 21:18:50.90 ID:CAP_USER.net

    レコードチャイナ 2017年7月22日 20時30分 (2017年7月22日 21時11分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170722/Recordchina_20170722041.html

    2017年7月21日、中国のポータルサイト・今日頭条に「大」を自称する国はいったいどこが大きいのかについて分析する記事が掲載された。

    記事は、国土面積が最も大きいのはロシアで、人口が最も多いのは中国、実力が最もあるのが米国だと指摘。これらの国は間違いなく「大国」だとした。しかし、世界には「大を自称する国」があるとし、これらの国のどこが大きいのかを分析した。

    その1つが「英国」だ。正式名称が「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」というが、この「グレート」には物理的に大きいという意味もある。大英帝国はかつて「太陽の沈まない国」と呼ばれ、多くの植民地を所有していたので「世界最大の帝国だった」が、今ではその面影はないとした。

    2カ国目が「日本」だ。記事は、「かつて『大日本帝国』と名乗っていたものの長期間にわたって日本は中国の属国だった」と主張。漢委奴国王印をその証拠の1つとして挙げ、面積は37万平方キロメートル、人口1億2600万人で、「経済力があるとはいえ『大』というほどではない」と論じた。

    3カ国目は「韓国」だ。大韓民国は国名そのものに「大」の字が入っている数少ない国の1つで、「面積は10万平方キロメートル、人口5000万人ほどにすぎないのに、『大』を自称するのは皮肉」とした。そして、「韓国は長年中国の属国であり、今でも経済面では中国に依存している」と指摘。「一方で、中国の歴史や伝統文化を自国のものと主張するのは『大国』のすることだろうか」と疑問を投げかけた。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500725930


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 16:25:01.26 ID:CAP_USER.net

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=184554&ph=0

    2017年7月22日、インドネシア国営アンタラ通信によると、インドネシア政府が建設を予定している首都ジャカルタと東部の大都市スラバヤを結ぶ既存鉄道(約750キロ)の高速化事業について、すでに計画の推進を要請した日本ではなく、中国に発注する可能性が高まっている。新浪網が伝えた。

    インドネシアのルフット海洋担当調整相はこのほど、「事業計画20%の研究が終了した」と説明。当初予定より建設費が大幅に増加する見通しであることを明らかにした。線路を高架にした場合、予算は当初の最大5倍に膨れ上がるという。

    地元メディアによると、インドネシアのブディ運輸相はこのほど「日本が受注すると決まったわけではない。中国の入札も歓迎する」と表明。ルフット氏も「中国と日本の双方に前向きな姿勢は伝えたが、どちらを選ぶかは決めていない」と述べた。インドネシア政府は財政負担がより軽い方を選ぶ見通しだ。

    注目すべきはジョコ・ウィドド大統領が、ルフット氏を中国からの投資処理担当に命じたことだ。大統領がルフット氏を直々に指名したことは「中国投資重視」の表れともいえる。一方、カラ副大統領は日本との協力を望んでおり、今後政治対立が深まる可能性がある。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500708301


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 06:31:38.99 ID:CAP_USER.net

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=182243&ph=0

    2017年7月20日、日本政府が「日本から出国する人」を対象とする課税を検討しているとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

    日本メディアの報道によると、日本人だけでなく外国人も対象とし、徴収する税金を観光政策の充実を図るための財源とすることが考えられているもようだ。

    日本政府観光局(JNTO)のデータによると、2016年の訪日外国人客は過去最高の2403万9000人に達し、このうちの637万3000人を中国が占めた。また、今年上半期の訪日中国人客は前年同期比6.7%増の328万1700人。夏休みシーズンも日本は中国人に人気の旅行先と伝えられており、「出国税」が導入されるとなると大反響を巻き起こすことが予想される。

    今回の報道に対しても中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には「痛い!」「中国に戻らなくさせるつもり?」「よかった。この夏休みに沖縄に行くから税金払わなくてすむ」「日本留学中なのに…。どうしよう」などのコメントが寄せられるなど、注目を集めている。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500672698


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 22:49:11.88 ID:CAP_USER.net

    蓮舫代表が戸籍公開してもバッシングは続くことは分かっていたはずだ。
    民進党の支持率が上がらないのは、「カジノ法案」で妥協し、「脱原発」で党内がまとまらないからだ。
    さらに経済問題でも、失敗したアベノミクスに代わる政策を、消費税アップ以外の方法で、庶民の景気実感を上げる政策を発表しないからである。

    自民党と確実に対決する政策を出しさえすれば、民進党の支持率は上がる。ただそれだけのことだ。
    「脱原発」だけでも、党内を一致させてみろ!

    蓮舫氏の国籍問題なんかガタガタ言うのは、産経・ネトウヨ・アゴラの劣化保守勢力だけ。
    無視しておいてもよかったのだ。

    だが、わしにとっては、蓮舫氏の記者会見は収穫だった。
    彼女が「旧日本人」(本省人)の娘だったことを知ったからだ。

    台湾人の年寄りが日本語を流ちょうに話すのは、旧日本人だからである。
    台湾が親日的なのは、戦前は日本が統治していたからである。
    朝鮮が反日なのは「事大主義」だからであって、台湾はそれがないから大切にしなければならない「国家」だ。

    わしは台湾を「国家」と認めるが、残念ながら日本は「国家」として認めていない。
    蓮舫氏の国籍の問題を言うならば、まず日本政府が台湾を「国家」として認めなければならない。

    そもそも日本政府は、「中華人民共和国」と、「中華民国」という「二つの中国」を認めているのか?
    中華人民共和国は「一つの中国」しか認めてない。
    台湾は中華人民共和国の一省としか見做していない。
    日本は中国に媚びて、台湾を「国家」として承認していないではないか!

    日本の法務省は、台湾人の国籍表記を「中国」ではなく、「台湾」と修正すべきである。
    日本人であり、愛国者ならば、中国に媚びる日本政府に抗議すべきであって、それをやらずに、蓮舫の国籍に粘着してガタガタ言う奴らは、中国寄りの非国民である!
    日本から出て行け!

    http://blogos.com/article/235909/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500644951


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 20:21:37.93 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2017-07-21 05:12
    http://news.searchina.net/id/1640278?page=1

     中国は自国を「大国」であると自称している。確かに中国の経済、政治面における世界に対する影響力は大きい。また、軍事面でも中国は急激な現代化を進めており、東シナ海、南シナ海においては積極的に海洋進出を行っている。
     
     米国や英国、そして日本は、自国が大国であるかどうかに中国ほどこだわっていないようにも思えるが、中国人から見ると英国や日本、韓国は「大国」としての要素があるのだろうか。
     
     中国メディアの今日頭条はこのほど、自国を「大国」と自称したがる国としては英国や日本、韓国が挙げられると主張したうえで、中国人から見た各国の評価について考察する記事を掲載した。
     
     記事は、世界には数多くの国があれど「世界中の人びとから大国と認められているのは米国とロシア、そして中国だけである」と主張し、大国は自称するだけでなれるものではなく、世界の人びとから認められて初めて「大国になるのである」と主張した。
     
     続けて、英国や日本、韓国は決して大国でないにもかかわらず、大国を自称することを好む国であるとし、まず英国について「国土、人口の両方を見ても大国の範疇にはないが、かつての英国は太陽の沈まない国として世界最大の帝国を築き上げた国」であると指摘。その点から言えば「今も大国と自称しても差し支えない」と主張した。
     
     また、日本については「非常に長きにわたって中国の歴代王朝の影響を強く受けてきた国だが、近代になってその影響から脱した国」であるとし、英国と同様、日本は国土も人口も大国の範疇にないが、「経済面だけを見れば強国と呼ぶにふさわしい」と指摘した。だが、世界の政治における影響力が不足しているためか、「日本も大国ではない」とした。
     
     さらに記事は、韓国についても「大国を自称する国」であり、それは国名に「大」という漢字が入っていることからも見て取れると主張。韓国経済は近年、大きな発展を遂げたが、現在は「中国に依存しているのが現状」であるとしたほか、中国の文化をたびたび盗んできたとし、「大国の風格は全くない国」であると切り捨てた。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500636097


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/20(木) 22:32:59.90.net

     この原稿は1年ぶりに訪れた北京で書いている。市内の環状道路は朝から晩まで大渋滞。状況は前回よりもさらに悪化しているが、窓の外に見える景色は以前とまるで様変わりだ。たった1年でこの街はかくも変わり得るのか。

     それにしても、便利になったものだ。原稿執筆からメール送信まで全てがタクシーの車内で可能。まだまだ制約はあるが、中国のネット環境は日本に勝るとも劣らないレベルだ。今回は、ここ北京で見聞きした「変わる」中国と「変わらない」中国について書いてみたい。

     そもそも、なぜ1年間もご無沙汰なのか。実は数年ほど前から、北京に戻る「気力」がうせ始めている。関心がないわけでは決してない。だが、北京で大使館勤務をしていた15年前に毎日感じていた、あのワクワクするようで、どこか恐ろし気で「ディープ」な北京が少なくなった気がするのだ。

     今の北京中心部は高層ビルが立ち並び、高級ブランド店とグルメレストランがひしめくごく普通の大都市になってしまった。昔なら頻繁に見られた路上の不気味な「液体」や横町のいかがわしい「理容店」はもうない。

     北京の庶民がシャツ一枚で往来していた懐かしい胡同(フートン)は消えてしまい、行きかう人々もどこかよそよそしい。

     中でも驚いたのは北京の飲食店の浮き沈みだ。最近北京ではネット注文の食事配達サービスが大流行で、人気レストランでも以前ほど客は来なくなったという。ネットで注文すると、外食するより安い値段で食事が配達され、しかも支払いまで全てがネットで可能だという。

     されば誰もレストランには行かない。それどころか、最近北京での決済は大体スマホらしく、若者は現金を持ち歩かないというのだ。試しに昨晩、近くのコンビニで買い物をしたが、レジで現金を渡すと、明らかに不愉快そうな顔をされた。

     これって、間違いなく東京以上に便利ではないか。このままでは北京の百貨店はなくなるとも聞いた。15年前の筆者にはどこか日本の方が先進的で便利だという意識があった。これは今の北京に通用しない。

     中国は「教える」どころか、「学ぶ」対象になりつつある、現地在住の長い日本人の友人のこの一言が今も忘れられない。

     それでは昔ながらの中国はなくなってしまったのかといえば、そんなことはない。一番ほっとしたのは、相変わらずの自己中心的な自動車運転だ。高速道路上でさえ自動車は頻繁に走行車線を変える。隙あらば強引に割り込もうとするのだ。

     これを全ての運転手が実行するのだから、渋滞が解消するはずはない。一事が万事、この国に住む人々はこうやって生存競争を生き抜いてきたのだと実感した。彼らの思想には共感しないが、こうした姿勢から学べることは決して少なくないと思う。

     最後に日中関係について。筆者が中国の旧友たちに言ったことはいつも同じだ。

     ●最近日中関係が双方の努力で、「良くもなく、悪くもない」関係を維持できていることは誠に喜ばしい。

     ●今年は国交正常化45周年だが、こうした冷めた関係は当分続くだろう。これが「新常態」なのだと達観しよう。

     ●中国にとって最大の関心事は米中関係、次は中露関係だが、日米関係は順調で中国の思い通りにはならない。

     ●されば、中国も今は北朝鮮問題を本気で処理し、尖閣や南シナ海で冒険などしない方が賢明ではないか。

     こんなことを書きながら、再び窓の外を見ると、昔住んでいた高層マンションが見えてきた。当時は最新設備を誇ったが、今や普通の中古物件だ。北京という街はこれからも大きく変わるだろう。しかし、日中関係が成熟した大人の関係のまま安定することだけは変わってほしくない。

                       ◇

    【プロフィル】宮家邦彦
    みやけ・くにひこ 昭和28(1953)年、神奈川県出身。栄光学園高、東京大学法学部卒。53年外務省入省。中東1課長、在中国大使館公使、中東アフリカ局参事官などを歴任し、平成17年退官。第1次安倍内閣では首相公邸連絡調整官を務めた。現在、立命館大学客員教授、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。

    http://www.sankei.com/world/news/170720/wor1707200007-n1.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500557579


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 20:16:23.80 ID:CAP_USER.net

     中国海軍が「アジアで最強の駆逐艦」と豪語する「055型ミサイル駆逐艦」が進水したことが明らかになった。

     米軍関係者も「055型駆逐艦の海上戦闘における攻撃能力はアメリカ海軍のいかなる水上戦闘艦より勝っている」と指摘しており、東シナ海の沖縄県尖閣諸島の防衛や島嶼を基地化している南シナ海での海洋覇権に大きな影響を与えるとみられる。中国人民解放軍機関紙「解放軍報」が報じた。

     055型ミサイル駆逐艦は基本排水量1万t、満載排水量1万4000t、全長180mで、最新推進システム、最新情報処理システム、それに高度なステルス機能を備えている。

     また、これまで中国海軍が建造してきた水上戦闘艦(航空母艦、揚陸艦を除く駆逐艦やフリゲートなど)で最大であり、第2次大戦後にアジアで建造された最大の水上戦闘艦となる。

     香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、建造プロジェクトは2009年にスタート。2014年12月、一番艦の建造開始式典という写真がインターネット上に出回っている。

     上海市の江南造船所のドックで、1、2番艦が建造され、大連市の大連造船所では3、4番艦が同時に建造されていることが確認されている。

     米軍関係者も讃嘆する055型ミサイル駆逐艦の最大の攻撃力は、128セル垂直発射管から発射される「鷹撃18型超音速巡航ミサイル」(YJ-18)だ。

     YJ-18は地上目標も艦艇も攻撃可能な巡航ミサイルであり、最大射程距離は540km程度。

     米海軍のタイコンデロガ級巡洋艦や一部のアーレイバーク級駆逐艦が装備しているハープーン対艦ミサイルの射程距離が124kmなので、中国の方が4倍以上も射程距離が長く、戦闘においては、055型駆逐艦は米巡洋艦や駆逐艦の脅威圏外から米艦艇を攻撃することが可能。

     これは大きなメリットである。

     これに対抗するのが米航空母艦打撃群だが、中国人民解放軍ロケット部隊は尖閣諸島のある東シナ海や南シナ海を射程に収める東風21-D型対艦弾道ミサイル(DF-21D)や、東風26型対艦弾道ミサイル(DF-26)の運用をすでに開始。

     米軍が両海域に空母打撃群を出動させれば、格好の標的になってしまうことから、米空母は使えないことになる。

     となると、駆逐艦の性能が戦闘の決め手になり、055型ミサイル駆逐艦の性能を上回る駆逐艦を保有していない米軍は不利な情勢になる可能性もある。

     サウスチャイナ・モーニング・ポストは、6月に進水した055型ミサイル駆逐艦は年内には航海などのテストを経て、来年には実戦配備される予定だと報じている。米軍関係者が大きな懸念を抱くのもうなずけるようだ。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170718/soc1707180017-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170718/soc1707180017-n2.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500376583


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 14:18:34.95 ID:CAP_USER.net

    韓国人の人種差別が深刻さを増している。
    それを顕著に示しているのが、近頃、韓国で外国人を卑下する造語が急増していることだ。

    韓国メディア『東亜日報』によれば、去る7月10日、アイドルのコンサートを見た一人の学生が、こんなことを口走ったらしい。
    「海外のファンたちはひどすぎる。これだから“ウェクィ”と言われるんだよ…」

    ■ 外国人はゴキブリ

    彼が語った「ウェクィ」とは、10~20代の若者の間で流行している外国人を卑下する造語。
    「ウェグギン(外国人)」と「バクィボルレ(ゴキブリ)」を合わせた言葉だ。

    もともとは特定のアイドルグループの熱狂的なファンを指していたが、外国人ファンを指す言葉として使われるようになった。
    さらに現在は、「韓国に迷惑をかける外国人」に向けて使われるようにもなっている。

    韓国のインターネット掲示板では、ある外国人が「韓国人たちが私に“ウェクィのくせに”と言ってくるんだけど、どういう意味?」と質問を投げたこともあった。
    外国人たちはその意味を理解すると、「あまりに攻撃的だ」「人種差別じゃないのか」と怒りをあらわにしていた。

    ■ 日本人を卑下する言葉も

    外国人を卑下する新語はほかにもある。
    パキスタン人に対しては、上述の「バクィボルレ(ゴキブリ)」と合わせて「バクィスタン」「パクィボルレ」といった造語で中傷。

    ベトナム人は「ベトナムイン(人)」を省略して「トナムイ」と卑下している。
    さらに「トン(糞)」と「ドンナム(東南)アジア」を合わせた「トンナムアジア」という言葉まで存在する。

    また「寿司女」などのように日本人を「寿司~」と誹謗する言葉や中国人を卑下する「チャンケ~(中華~)」という言葉も使われている。
    もっとも、こうした差別的な言葉を使うのは若者ばかりではなく、最近はソウル市立大の教授が「クロンボ」「シロンボ」と公に発言して処分を受けている。

    ■ 「多文化なんて虚構。不幸になるだけだ」

    こうした風潮について、韓国では意見が分かれている。
    反対派の意見としては「いずれ自分たちに跳ね返ってくるんだ。人格を整えよう」「多文化国家となったこの時代に生きていながら人種差別発言をするのは適切ではない」「秩序を守れない当事者が問題であって人種差別は別の問題だ」といったものがあった。

    その一方で、「差別とは機会を与えないことを言うのであって、ダメな行動を指摘することは差別ではない」「多文化なんて虚構。不幸になるだけだ」「日本に行ってみたら中国人観光客は秩序を守ろうと努力していたよ。安く訪れる団体客を少なくすれば彼らの秩序も良くなるんじゃないか?」といった擁護派の意見も見られた。

    ■ 「外国人を人格的に無視し、差別する」

    いずれにしても韓国人の人種差別が存在していることは事実だが、当然ながらこうした社会の空気には外国人も嫌悪感を抱いている。
    例えば昨年10月にソウル市がソウル在住の外国人2500人を対象に行ったアンケート調査で「ソウルのイメージが悪くなった」と答えた人々の回答理由では、「社会的開放及び抱擁が不十分」(25.5%)と「(外国人を)人格的に無視し、差別する」(20.4%)といった外国人への差別的風潮がほぼ半数に達している。

    このように韓国に蔓延する人種差別について、ユン・インジン高麗大学社会学科教授は警鐘を鳴らす。
    「発展レベルが低い国家を低く評価する、我々の中の“位階化された人種序列”が再び顕在化してきている。
    中国や東南アジアは以後も政治・経済的に協力しなければならない地域であるのだから、政府と社会が対策を講じなければならない」

    この指摘はもっともだが、それは裏を返せば、現時点では人種差別に対する対策が整っていないということでもある。
    一日でも早く対策が講じられることを願うばかりだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13352146/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500355114


    はてなブックマークに追加
    1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2017/07/16(日) 12:24:04.87 ID:CAP_USER.net

    同じ東アジアの国でも、日本と韓国では食の文化が大きく異なる。使われる材料も、調理方法も、味付けの傾向も、そして使われる食器や食べ方のマナーまでも違うからおもしろい。中国メディア・今日頭条は13日「日本と韓国、どちらの食べ物のほうがより唾液が出てくるか」とする記事を掲載した。
     
    記事は「日本料理と韓国料理はいずれも、エキゾチックグルメ界において重要な地位を占めてきた。両者には共通点がある一方、本質的な違いもある」としたうえで、両者の代表的な料理をジャンル別に比較している。
     
    まずは、日本の巻きずしと韓国海苔巻きのキムパプだ。記事は、日本の巻きずしは海産物をメインとし、見た目も味も美しい一方、キムバプは野菜や漬物が主体となっており、作りも日本の巻きずしほど精緻ではないが、食べると爽やかな食感が得られると紹介した。
     
    続いては、鉄板焼きと韓国焼肉である。鉄板焼きは肉や魚介類をそのまま鉄板で焼き、塩コショウなどシンプルな味付けで食べるという、食材の味を最大限に生かした最高級の食事であると説明。

    かたや韓国焼肉はこってりとした肉を、サンチュやえごまの葉で包んで食べるのが最大の特徴であり、生の菜っ葉の爽やかさと肉のジューシーさ、そしてタレの甘辛さのハーモニーが売りであることを伝えている。
     
    ご飯ものはお茶漬けと石焼ビビンバの対決。お茶漬けは熱い米飯にお茶、塩といった実にシンプルな材料による、実に素朴な味わいだが、そのうまみは長い時間舌に留まると説明。湯気がもうもうと立ち込める石焼ビビンバは、米や具材そしてコチュジャンを混ぜ合わせる時のジュージューという音、そして香りが食欲をそそるとしている。
     
    記事はさらにうどんと韓国冷麺、すき焼きとプデチゲ、味噌汁とテジャンタンをそれぞれ比較して紹介。そして最後に「日本料理は量が少なくてより精緻、韓国料理は食感で勝る」と総括した。

    個人によって好き嫌いはあるかもしれないが、どちらのいずれの食べ物もそれぞれの食文化が少なからず反映されており、味わい深いものと言えるのではないだろうか。


    2017-07-16 12:12
    http://news.searchina.net/id/1639904?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500175444


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/16(日) 08:54:49.35 ID:CAP_USER.net

    今年4月下旬、中国四川省成都市で、中国の10大武道師範の1人である太極拳の名人、雷雷氏が同じ中国人で総合格闘技のコーチをしている徐暁冬氏と対戦し、わずか20秒でノックアウトされ、中国ではネット上で「太極拳は形だけで、健康のための運動だ」などと揶揄されていた。

    これに対して、上海の太極拳名人が徐氏に挑戦状を叩きつけ、6月下旬に試合を行うことで決まったが、試合当日、警察当局が路上に特設された会場に押し寄せ、「試合許可をとっていない」などとして、試合が中止になったことが分かった。
    実は、敗れるのを恐れた太極拳名人が試合前に警察に連絡を入れていたことが明らかになり、ネット上では「太極拳は武道ではない」などとの批判が渦巻いている。

    香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じたところによると、成都市の試合では審判の「試合開始」の掛け声で、徐氏が両手をボクシングスタイルに構え、雷雷氏は両手の本の指を軽く開き、右手を下段、左手を上段に置くという伝統的な太極拳の優美でリラックスした構えをとった。
    両者はリング上で睨み合いながら、相手の動きをうかがい、リングを1周。
    徐氏が左ジャブを打ち込むという先制攻撃をしかけた。

    雷雷氏はこれを避けようと左側に体を移動した際、徐氏の右フックが雷雷氏の顔面にヒット。
    徐氏は雷雷氏の動きが止まったところを見逃さず、左右の連打を集中。

    雷雷氏はたまらず、ダウン。
    さらに、徐氏の攻撃は止まらず、倒れた雷雷氏の頭を連打したところで、雷雷氏が身動きできないことで、審判がTKOを宣告。

    この間、わずか20秒という、あっけない幕切れとなった。
    この試合はインターネットの“視頻(動画)”サイトでに配信され、ネット上では「太極拳を始めとする伝統武術はどれも詐欺だ」の書き込みがされ、日ごろから太極拳批判をしていた徐氏の説が同意された形となった。

    これに対して、上海市の無形文化遺産に指定されている太極拳団体「上海鑑泉太極拳社」の著名な太極拳家、馬保国氏が「太極拳の伝統を辱められた」などとして、徐氏と対戦することを宣言。
    6月下旬に、上海の特設会場で試合が行われることになった。

    ところが、当日、試合会場では警官隊が押し寄せて、「許可」が申請されておらず、試合は違法として中止になってしまった。
    同紙によると、これは馬氏が知り合いに対して、「警察に電話して、試合が認められているのかどうか確認せよ」と指示。
    これを受けて、警察が試合中止を決めたという。

    中国の伝統的な武術であり太極拳は、アリババ会長で、億万長者のジャック・マー氏らがスポンサーとしてついており、政府関係者も後援していることから、マー氏の要請もあって、試合に妨害が入るように仕向けられたようだ。
    最初から試合を行う気はなくて、太極拳側としては、「受けて立つ」というポーズを見せることが重要だったわけだ。

    これに対して、徐氏は「非合法でも、太極拳側と再び試合をして、その模様をネット上では流すようにしたい。
    今後は邪魔が入らないような、慎重に試合を行いたい」などと語っている。

    http://i.imgur.com/lqYFtqb.png

    https://www.news-postseven.com/archives/20170716_584656.html
    https://www.news-postseven.com/archives/20170716_584656.html?PAGE=2
    https://www.news-postseven.com/archives/20170716_584656.html?PAGE=3


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500162889


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/07/16(日) 07:10:21.51 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2017-07-15 22:12
    http://news.searchina.net/id/1639900?page=1

     日本を訪れた中国人は「日本人は民度が高い」と称賛する。ゴミをポイ捨てしない、自発的に列に並ぶなど、公徳心を持って自分勝手な行動をしないという点が、中国人には「民度の高さ」として映るようだ。
     
     中国メディアの今日頭条はこのほど、緊急車両が通行する際の日本人ドライバーたちの対応を撮影した動画を紹介し、その動画を見れば「日本人の民度の高さは一目瞭然」であると伝えている。
     
     記事が掲載した動画を見てみると、撮影されたのは日本国内の幹線道路らしき場所だ。片側4車線あるが、交通量が多い道路であることがわかる。そこに救急車がサイレンを鳴らしながら現れると、救急車の前を走っていた車たちが続々と徐行しながら路肩に寄って行き、道路の真ん中を救急車が走り抜けて行く様子が映っている。
     
     救急車はスピーカーとサイレンで接近を知らせてはいるものの、路肩によるよう強制は一切していないが、行く手を邪魔する車は1台もない。救急車が過ぎ去った後はまるで何もなかったかのように、各車が元の車線に戻って走行を再開している。
     
     中国では運転マナーの悪いドライバーが非常に多く、緊急車両が来たからと言って自発的に道を譲る光景はあまり見られず、道を譲るぐらいなら「自分の方が先に行きたい」と考えるドライバーは少なくないだろう。撮影時間がわずか17秒と非常に短い動画に映っていた「日本の各ドライバーは自発的に救急車に道を譲れる」というごく当たり前の光景は、中国人にとっては非常に大きな驚きだったようだ


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500156621


    はてなブックマークに追加
    1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 16:19:05.43 ID:CAP_USER.net

    2017年7月12日、韓国・ハンギョレ新聞は、日中韓の共通の文化である「箸」の国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録を目指し、3カ国が今後本格的に動き出すと報じた。

    箸文化のグローバル化を目し、2015年から箸の世界遺産登録に向けた活動を続けている韓国・清州(チョンジュ)市の文化産業財団は12日、今年8月に京都で開かれる日中韓3カ国の文化担当相会議において、箸文化の世界文化遺産登録が議題になる見込みだと明らかにした。同財団からは韓国文化体育観光部に繰り返しこれを提案し、肯定的な返答を得ているという。

    一方、清州市は今月18日、箸研究所をオープンし、箸やさじ文化の調査研究、文化商品開発、箸を活用した公演、箸文化に関連した出版を進める計画だ。研究テーマには、情報通信(IT)技術と箸文化の相関関係、箸文化と健康、日中韓3カ国の箸の歴史が挙がっているという。

    清州市文化産業振興財団コンテンツ振興チーム長のビョン・グァンソプ氏は、箸の文化的意義について「箸を使えば指の30余りの関節、70余りの筋肉が同時に動き、脳の活動を助ける。私たち(韓国人)がIT、アーチェリー、射撃、医術など微細な手業の分野でずば抜けた能力を示しているのは、長い間に身に付いた箸文化に由来するという研究もある」と紹介、「韓中日の箸の歴史・文化・コンテンツを開発して世界文化遺産に登録すれば、箸は世界的な文化としてその地位を確立するだろう」と述べた。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「3国がこうして力を合わせることもあるんだね。東アジアのこの3国が協力したら、どこも無視できないだろう」と前向きに捉える声も寄せられているものの、否定的なコメントも数多い。

    代表的なものとしては、

    「そしたら西洋の国はナイフやフォークを世界遺産に、と言い出すよ」
    「手で食事をする国は、指を遺産にするのか?」
    「箸なんてちっぽけなものを世界遺産にするのはどうかと思う。世界文化遺産は希少性が大事なのに」

    など、身近な箸は遺産にふさわしくないとする意見。

    また、

    「そもそも箸の起原はうちだ、と中国や日本が言ってたはずだけど?」
    「韓国は箸と一緒にスプーンも使う。スプーンも遺産に推すべきだ」
    「韓国の箸は中国や日本式と違って木製じゃない。素材からして違うことを忘れるな」

    と、日中韓の箸をひとくくりにすることへの抵抗感を訴えるコメントもあった。


    2017年7月13日(木) 15時40分
    http://www.recordchina.co.jp/b184319-s0-c30.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499930345


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ひろし ★@\(^o^)/:2017/07/11(火) 22:03:04.90 ID:CAP_USER.net

    7月11日 20時30分

    北朝鮮による核・ミサイル開発を止めるため、アメリカや日本が、中国に対して北朝鮮への圧力を強化するよう求めるなか、中国外務省は、「問題の核心は米朝の対立にある。『中国責任論』はやめにしよう」などと述べ、中国に責任を押しつけるべきではないと反発しました。

    北朝鮮による核・ミサイル開発をめぐって、中国外務省の耿爽報道官は、11日の記者会見で「中国が徹底的に国連安全保障理事会決議を履行しているにもかかわらず、中国の合法的な権益を損なおうという人がいる」と述べて、北朝鮮と取り引きしている中国企業に制裁を科すなど、強硬な姿勢に転じ始めたアメリカのトランプ政権をけん制しました。

    そして「問題の核心はアメリカと北朝鮮の対立にあり、解決の鍵は中国の手中にはない」と述べ、事態の打開には、米朝が対話に踏み出すことこそが重要だという考えを改めて示しました。

    そのうえで耿報道官は、「『中国責任論』はやめにしよう」と述べて、先のG20サミットの際に、アメリカや日本が中国に対して北朝鮮への圧力を強化するよう求めたことを念頭に、中国に責任を押しつけるべきではないと反発しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170711/k10011054811000.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499778184


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 10:53:42.71 ID:CAP_USER.net

     中国で7月7日は「七七事変」と呼ばれ、盧溝橋事件が起きた日として記憶されている。2017年は盧溝橋事件の発生からちょうど80年目ということもあり、中国では今年は例年以上に歴史関連の報道が多く見られる。
     
     盧溝橋事件は旧日本軍と中国国民革命軍が盧溝橋で衝突した事件であり、日中戦争へとつながった事件と認識されているが、中国メディアの今日頭条は7日、日本は中国に比べて国土が圧倒的に小さい「小国」でありながら、なぜ中国を侵略しようとなど思ったのかと疑問を投げかける記事を掲載した。
     
     記事は、80年前の7月7日は旧日本軍が中国の盧溝橋で戦火の口火を切ることになった盧溝橋事件を起こした日であると伝え、その後に続く日中戦争によって中国は国土が破壊されることになったと主張、莫大な犠牲を強いられたと論じた。
     
     続けて、中国の歴史を振り返ると「各王朝は非常に強大な国であり、周辺国にも大きな影響を与えてきた」とし、日本はなぜそんな中国を侵略しようと思ったのだろうかと問いかけた。さらに、国土の規模から見ても日本の国土は中国の雲南省ほどしかない小国であるとし、「これほど小さい国が広大な国土を持つ中国を侵略しようと思ったことが理解できない」と論じた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.searchina.net/id/1639429?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499651622


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 17:30:27.16 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2017-07-09 15:12
    http://news.searchina.net/id/1639398?page=1

     日本の戦国時代を代表する武将・武田信玄が軍旗に記したいわゆる「風林火山」は、中国の古典名著である孫子の一節から引用したものであることが知られている。中国メディア・今日頭条は7日、「孫氏の兵法はどれだけすごいのだ そのうちの4文字だけ学んだ人物が、日本を代表する武将になった」とする記事を掲載した。

     記事は、用兵における「聖人」と称される孫子こと孫武が著した世界初の軍事書である兵法は、用兵における戦略や規律研究の徹底ぶりから、中国のみならず世界の軍人に影響を与えてきたと紹介。「古代のわれわれからあらゆるものを学んできた隣人である日本でも研究が行われた」としたうえで、その代表人物が戦国時代に甲斐国を支配した武田信玄であるとした。

     そして、信玄が活躍した時代は群雄割拠の戦国時代であり、軍事力の強さがものを言う時代であったと説明。信玄も自ずと兵法を深く研究し、最終的には「風、林、火、山」の4文字が最も重要という結論に至ったとした。

     「疾(はや)きこと風のごとく 徐(しず)かなること林のごとく 侵掠すること火のごとく 動かざること山のごとし」という「風林火山」の教えのもとで、信玄は生涯に80あまりの戦いを行い、そのほとんどが進攻だったとし、のちに江戸幕府を開く徳川家康も一度信玄に敗走させられたと伝えている。

     記事は「実は風林火山は孫氏の兵法の精髄ではない。日本は奥深い兵法のすべてを理解できたわけではない。しかし、兵法や茶道などのように、日本は中国から一部をかいつまんで学び、それに改良を加えて自分たちのものにしてしまった。この点はやっぱりすごいことなのである」と評した。

     記事を読んだ中国のネットユーザーからは、信玄の引用は「知りがたきこと陰の如く、動くこと雷霆の如し」の部分が抜けているとの指摘も出た。これに対して作者は「これこそ、日本人が一部だけをかいつまんで学んだとする理由だ」と返答している。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499589027


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/08(土) 10:16:41.32 ID:CAP_USER.net

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183680&ph=0

    日本の次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」について中国のメディアやポータルサイトが6日付で関連記事を掲載し、ネットから多くの声が寄せられている。

    JR東日本はこのほど、次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」を新造すると発表した。営業運転としては世界最速の時速360キロを実現できるという。2年以内に試験車両を完成させて走行性能の確認や耐久試験を行い、2030年ごろの営業運転を目指す。

    中国では先月26日に、北京と上海をつなぐ高速鉄道で「復興号」が正式に運行を始めたばかり。同車両は最高時速400キロに達し、営業運転時の速度は350キロという性能を持つ。中国ネットでは「復興号」とアルファエックスを比較する声が少なくなかった。

    ネットでは「試験を終え正式に運行した時にはすでに世界一じゃないと思う。13年間も他国がじっとしているとは思えない」と悲観する声が多数聞かれた。

    一方で、「地道な発展が一番。何よりも安全第一」「中国の強みは速さで日本の強みは快適さ」「日本の国土は中国に比べると小さい。速さを追及する必要はない」「中国の技術は他国をまねたもの。日本は先進技術を持っており中国よりも実体を伴っている」と肯定的な声も聞かれた。ただ、「日本が高速鉄道で中国より進んでいたのは過去の話」といった意見に代表されるように、中国ネットでは高速鉄道分野において中国が日本よりも先を行っていると語る声が大半を占めていた。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499476601


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/05(水) 22:20:21.60 ID:CAP_USER.net

    2016年に発表された「平成28年版 犯罪白書」によると、2015年に日本国内で起きた交通事故の件数は約53万7,000件、負傷者数は約66万6,000人と過去10年間にわたり減少し続けていることが判明した。
    しかし、今年6月に東京都内で、元SMAPのメンバー・木村拓哉がバイクと乗用車を含む計3台の車両を巻き込んだ追突事故を起こすなど、交通事故はいつ・誰もが起こす可能性があると言えよう。

    また同月には、栃木県鹿沼市で信号待ちの車列の最後尾に1台の乗用車が衝突、4台の乗用車を巻き込む玉突き事故が起きた。
    同事故で、衝突車両を運転していた30代男性が死亡し、追突された最後尾の車両に乗っていた60代女性も、あばら骨を折るなどの重傷を負っている。
    同様に、愛知県田原市でも観光バスと軽乗用車が正面衝突する交通事故が発生しており、軽乗用車を運転中だった70代女性が死亡、バスの乗客12人も怪我を負ったという。

    日本同様、もちろん中国でも悲惨な交通事故は相次いでいる。
    ところが、事故後の対応を見てみると、彼の国の“特異性”が際立つという。
    では、海外動画共有サイト「LiveLeak」に投稿された、あまりにも衝撃的な事故の一部始終をご覧いただこう。

    原動機付自転車のような乗り物を運転している2人。
    その後方から、乗用車が一切速度を落とすことなく激突する。

    しかし、幸いにも2人は一命を取り留めたようだ……と、乗用車から慌てて降りてくる男。
    2人のもとに駆け寄り、怪我の具合を確かめようとするのかと思いきや、衝撃の展開が待っていた!

    なんと男は、「多額の賠償金を請求されるくらいなら殺してしまおう」と考え、道路に倒れ込む2人の頭部をハンマーで何度も殴りつけ始めるのだ!
    しかも途中、男の犯行を止めに入った無関係の女性まで本気で殴り殺そうとする始末……。

    やがて、気が済むまで3人を殴打した男が姿を消すと、事故現場には生死不明の被害者らが残された。
    金の請求を恐れるあまり易々と他者を葬ろうとする姿は、狂っているとしか思えない。
    中国の道路交通事情は、まさに地獄としか喩えようがない状況のようだ。

    動画:https://www.liveleak.com/view?i=e2d_1498401874

    http://tocana.jp/2017/07/post_13725_entry.html
    http://tocana.jp/2017/07/post_13725_entry_2.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499260821


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/05(水) 10:29:34.45 ID:CAP_USER.net

    http://news.searchina.net/id/1639116?page=1

     日本を訪れる中国人旅行客が増えており、日本で受けたサービスの質を高く称賛する中国人は少なくない。だが、なかには日本で「差別的な対応を受けた」と感じる人もいるらしい。
     
     中国メディアの中国網はこのほど、家族で訪日したという中国人の手記として、「日本で不愉快な思いをした」と主張する記事を掲載した。
     
     記事によれば、この中国人は団体ツアーに参加して家族で訪日したようだが、あまり買い物が好きではなく、特に買いたいものがなかったため、ツアーの旅程のうち、買い物時間中は別のことをして過ごしていたという。免税店での買い物の際、この中国人は食事をしながら時間を潰すため、付近にあった回転寿司に入ったところ、店員から店の奥の方の席に案内されたそうだ。
     
     店員の対応は非常に丁寧だったというが、店内は決して混んでいたわけでもないのに、「なぜ店内の奥の隅の方に案内されたのだろう」と疑問を感じたというこの中国人は、そこで「もしかしたら中国人ということで、差別されているのではないだろうか」と思ったという。
     
     記事は、この中国人の見解として「中国では食事の際に賑やかに食べてこそ、正しいマナーと認識されている」と伝え、確かに店内ではこの中国人一行のテーブルが一番声が大きかったと伝えた。
     
     日本人の店員は親切で友好的な態度で接してくれたとしつつも、座らされた席の位置を通じて「態度とは裏腹に、差別的な待遇」と感じたという中国人だが、日本で訪れた回転寿司で奥の方に座らされたというのは「日本と中国では食事のマナーが違っていて、中国人が日本のマナーに則った行動が取れていないことを示す」と指摘。席の位置を巡って「不愉快な思いをした」としながらも、中国人旅行客のマナーが悪いのは事実であり、店側に反論や反発はできなかったとした。
     
     店側の対応についてだが、この中国人が主張したような差別的な意図があったのかは不明だ。もしかしたら、のびのびと食事できるように配慮しただけかも知れない。いずれにせよ、この中国人が席の位置をめぐって不愉快に感じたのは事実であり、これは外国人旅行客を受け入れるうえでの難しさを示す事例と言えるかも知れない。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499218174


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/07/04(火) 19:24:48.29 ID:CAP_USER.net

    配信先、サーチナ2017-07-04 12:12
    http://news.searchina.net/id/1639059?page=1

     中国の数多くある料理のうち、日本人の間でもっとも根づき、そしてもっとも愛されている料理と言えば、ラーメンやチャーハン、そして餃子ではないだろうか。
     
     中国で餃子は主に北方で主食として食べられている料理であり、日本の正月に当たる「春節」の時には一族で餃子を作り、皆で餃子を食べるという伝統がある。だが、中国メディアの今日頭条は「世界で最も餃子を愛しているのは、中国人ではないかもしれない」と伝え、中国人よりむしろ日本人の方が餃子を好んでいる可能性があると伝えた。
     
     記事は、餃子について「中国が東漢の頃に生まれた料理とされ、約1800年の歴史を持つ」と指摘。さらに餃子は日本に伝わってまだ100年程度しか経過していない、日本人にとってはまだ「新しい料理」であるにもかかわらず、日本における餃子の普及度合や認知度、食される頻度は驚きに値するとした。
     
     さらに餃子をこよなく愛する日本人が多いことに触れ、「日本のあるミュージシャンは餃子が好き過ぎて全国の美味しい餃子を探して食べ歩き、自分の訪れた100件ほどの店の中からより選った43件を紹介する本まで作ってしまった」と紹介し、さすがの中国人も「世界で最も餃子を愛しているのは日本人ではないか」と感じるほどだと論じた。
     
     また日本に伝わった餃子がさらなる進化を遂げていることも紹介し、日本の餃子専門店のなかには餃子をワインに合うようアレンジしたり、付けタレとして酢醤油以外にわさびやレモン、パクチーなどがあって、店の雰囲気ももはや中華ではなくイタリアンバーのように洗練されていると紹介した。ゆえに、「日本人は海外から伝わった料理を美食へと昇華させることが異常なほど得意」とした。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499163888


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/07/03(月) 21:41:03.51 ID:CAP_USER.net

     【ソウル=桜井紀雄】韓国を訪れていた国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は3日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と大統領府で会談し、「文大統領の南北和解と平和政策はオリンピック精神に合致する」と述べ、2018年の平昌冬季五輪への北朝鮮選手団の参加を推進する文氏の対話路線への支持を表明した。

     文氏は「IOCと五輪成功には北朝鮮の参加が望ましいとの認識を共有した。韓国政府も最善を尽くす」と強調。

     バッハ氏は東京五輪や北京冬季五輪を控えた日本や中国と「協力すれば、よいパートナーとなるだろう」とも付け加えた。

     文氏は6月24日、北朝鮮の演武団も参加したテコンドー選手権の開会式で、平昌五輪での南北合同チームの結成や合同入場行進を提案。

     今回、五輪を通じた南北関係改善策にIOCトップの支持を取り付けた形だが、合同チーム結成は、時間的制約もあり、実現は困難だとの見方が強い。

     選手権のため訪韓した北朝鮮の張雄(チャン・ウン)IOC委員も、実現には「政治的環境が解決されなければならない」と否定的な見解を示した。

     バッハ氏も6月末の記者会見で「IOCの正式な決定は何もない」としていた。

    http://www.sankei.com/sports/news/170703/spo1707030022-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170703/spo1707030022-p1.jpg

    ソウルの韓国大統領府でIOCのバッハ会長(左)と会談する文在寅大統領=3日(聯合=共同)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1499085663


    Ads
    記事検索
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【韓国】慰安婦被害者のキム・グンジャさん死去・・・生存者あと37人
    • 【慰安婦問題】 20万慰安婦の惨状・日本の蛮行に米国で関心高まる~ニュージャージー州バーゲン郡にキリム碑建つ
    • 【ホルホル】日本の10代に『ちょー人気』という韓国文化3つ
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【中国】太極拳名人が次々と「敗北」「逃走」の失態…「武道ではない」との批判も
    • 【経済】東芝半導体売却白紙も?韓国SK「裏切り」で大混迷 東芝の技術が韓国のSKに奪われたら、日本の半導体産業は赤信号
    • 【経済】東芝半導体売却白紙も?韓国SK「裏切り」で大混迷 東芝の技術が韓国のSKに奪われたら、日本の半導体産業は赤信号
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【話題】百田尚樹「日本アリ、頑張れ!ヒアリを撃退せよ!日本は外来種と共存できない!」 → 在日が激怒
    • 【朝鮮日報】なぜIMFは韓国政府に根掘り葉掘り質問するのか
    • 【取材日記】 18秒に込められた慰安婦「真実」~日本は全世界の慰安婦20万人に心から謝罪しなければならない
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像、ソウル大研究陣が公開
    • 【韓国】韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像、ソウル大研究陣が公開
    • 【平昌五輪】IOC会長が文在寅氏の北選手団参加推進に支持を表明 「日本や中国と協力すれば、よいパートナーとなる」
    • 【韓国】台風『ナンマドル』、日本に方向を変えて直接影響圏から外れる見込み
    • 【米韓首脳会談】文在寅氏、中国がTHAAD配備に反発していることに対して「THAAD配備は韓国の主権の問題だ」と言明

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ