ヘッドライン

    お勧め記事

    中国

    はてなブックマークに追加
    1 名前:ザ・ワールド ★:2018/06/22(金) 13:06:20.44 ID:CAP_USER.net

    2018年6月21日、新浪体育は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ(GL)第2節に臨む韓国代表が記者会見で
    「日本とイランに刺激された。残り2試合に勝ってベスト16進出果たす」と豪語したと伝えた。

    韓国は初戦のスウェーデン戦に0-1で敗れている。GL突破には強豪のメキシコ、ドイツに勝つ必要があり、極めて厳しい状況だ。

    背番号10をつける20歳の李承佑は
    「私たちはコーチを信じる。残りの2試合で結果を出せば、まだベスト16に入れる。韓国代表としてW杯に出るのが小さいころからの夢だった。
    初戦は負けたがチームとしては意気消沈していない。チームメートとコーチ陣を信じたい」と語った。

    また、Jリーグのヴィッセル神戸所属の鄭又榮は
    「アジア勢で、イランと日本が勝利した。だから、私たちはアジア勢の実力を疑うことはない。
    彼らにできることは、自分たちにもできるはず。彼らの戦いぶりが刺激になり、勝利への信念が一層強まった」とコメントしている。

    韓国代表の発言に対して中国のネットユーザーからは
    「どうして韓国人はいつも根拠のない自信を持てるのか」
    「自分が三段跳びで火星まで飛べる可能性の方が、韓国がドイツに勝つ可能性より大きい」
    「ドイツにはけちょんけちょんにしてもらいたい」「韓国は今がまだ2002年だと思っているのか」
    「平昌五輪の続きだと思っているのか」など、手厳しいコメントが非常に多く寄せられた。

    https://www.recordchina.co.jp/b615802-s0-c50-d0135.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529640380


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ろこもこ ★:2018/06/21(木) 17:47:09.64 ID:CAP_USER.net

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13549252.html

     虚偽の情報(デマ)を流す行為は、そもそも許されない。ましてや、震災で人々の心理が不安定になっているのに乗じ、不安をかき立てる卑劣な行いをけっして見過ごしてはならない。

     大阪府北部を震源とする地震の発生後、ツイッターなどSNSを通じて、さまざまなデマがネット上を飛び交っている。

     「○○電車が脱線」といった偽情報は、当の事業者が否定するなどして静まっていった。深刻なのは、在日外国人を標的に差別や偏見をあおる投稿が相次ぎ、拡散されていることだ。

     在日コリアンなど特定の民族をあげて「犯罪に走るから気を付けなよ」と書き込む。地震による重要文化財の破損を「外国人の可能性も」と記す。ネットの匿名性を隠れみのに、根拠のない情報が広がった。

     11年3月の東日本大震災や16年4月の熊本地震の後にも、特定の民族を対象とする悪質なデマが出回った。外国籍の人が多く暮らす大阪での地震を巡り、愚かな振る舞いが繰り返されたことに怒りを禁じ得ない。

     熊本地震の後、ヘイトスピーチ対策法が施行されて約2年。差別的な言動を許さないとうたったものの罰則がなく、今回、歯止めにはならなかった。解消への取り組みを着実に積み重ねていかねばならない。

     まずは、SNSの運営会社である。

     利用規約でヘイトを助長する投稿を禁じ、要請や通報に応じて悪質な投稿を削除する例も見られる。表現の自由に配慮しつつ、これまでの蓄積を生かして迅速な対応に努めてほしい。

     大阪府は今回の地震の発生当日、公式ツイッターやホームページなどで「事実と異なる情報が発信、拡散されています」「未確認の情報をむやみに拡散しないで」と呼びかけた。法務省人権擁護局も公式ツイッターなどで注意喚起した。

     在日コリアンでつくる「コリアNGOセンター」(大阪)の金光敏(キムグァンミン)事務局長は「自治体の防災対策にデマへの対応も盛り込むべきでは」と提案する。被災後の要員確保など課題はあるが、行政が姿勢を示し、準備しておくことは有効ではないか。

     震災時のデマによる混乱は、ネットが発達した今に限った事象ではない。95年前の関東大震災で、デマを信じた民衆や官憲が大勢の朝鮮人、中国人を虐殺した史実を忘れてはならない。

     過去に学び、「ヘイトスピーチは許さない」という認識を共有する。問われているのは、社会をともに生きる一人ひとりの意識と行動である。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529570829


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ガラケー記者 ★:2018/06/21(木) 13:15:12.25 ID:CAP_USER.net

     近年、非常に多くの中国人が日本を旅行で訪れているが、そのなかでも京都は人気のある都市となっている。だが、京都を訪れた中国人のなかには、京都の街並みが中国の古い街並みと非常に似ていると感じる人がいるようだ。

     中国メディアの快資訊は9日、日本の古都・京都の街並みは中国を真似して造られたのか疑問を投げかける記事を掲載し、中国人にも人気の観光地となっている京都について紹介している。

     記事はまず、日本の京都には1000年を超える歴史があり、非常に歴史の趣を感じさせる街であるゆえ、中国人観光客に人気がある場所であると紹介。続けて、京都を訪れたことのある中国人なら、京都と中国の西安や洛陽など歴史のある都市の作りが非常に似ていることに気づくはずだと伝え、それゆえ中国ネット上でも「京都は中国の都市を真似して作られた、パクリ都市ではないか」と言われていると紹介している。

     記事が指摘しているとおり、京都は中国の「洛陽」を模している点は少なからず存在する。日本では京都に平安京があった頃、当時の中国王朝の首都だった洛陽にちなんで平安京の東側を「洛陽」と呼ぶようになったとされる。中国人が京都を訪れた時に何か懐かしい気持ちになるのは、こういう経緯があるためだ。

     記事は、中国では一部の歴史ある都市以外では、伝統的な文化が失われ、歴史ある建造物も壊されるケースが目立つと指摘する一方、日本は自分たちの文化を誇りとし、それを大切に受け継いできたがゆえに、京都は今なお風情ある街並みを現代に伝えているのだと強調した。

     日本には中国から伝えられた文化が数多く存在する。だが、自分達の伝統や文化を継承していくという面では、今のところ日本人に軍配が上がることだろう。中国には数千年の歴史があるが、経済発展を優先するなかで文化や伝統が軽視され、歴史的価値のある伝統や文化が失われるケースが増えていると言われる。
    searchina
    2018-06-21 11:12
    http://news.searchina.net/id/1661730?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529554512


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/17(日) 09:51:06.37 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2018-06-16 22:12
    http://news.searchina.net/id/1661466?page=1

     麺料理は世界各国に存在し、味付けは異なっていても世界的に広く食されている料理の1つと言えるだろう。そして、麺料理を食べるうえで「すすって音を出す」のはマナー違反とされる国は非常に多い。

     しかし、日本では蕎麦やうどん、ラーメンは音を出しながら食べてもマナー違反とされないことが一般的だろう。

    中国人の多くは日本人について「礼儀を重んじ、マナーも良い」というイメージを持っているようだが、それだけに日本人が麺料理を音を出しながらすすって食べるのが不思議に感じられるようだ。

     中国メディアの快資訊は15日、麺料理をすすったり、くちゃくちゃと音を出しながら咀嚼することは中国でもマナー違反とされていることを指摘する一方、日本人が音を出して麺をすするのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

     記事は、中国人は幼少の頃から「音を立てて食べること」は非常に「行儀の悪い行為」と教わっていると指摘し、このマナーは世界共通に近いものだと紹介。

    しかし、日本人は麺料理をすすって食べることが一般的だと伝え、「中国人も食べない生モノを好んで食べることからも分かるとおり、日本の食文化は非常に独特だ」と指摘した。

     (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529196666


    はてなブックマークに追加
    1 名前:Boo ★:2018/06/16(土) 07:17:42.63 ID:CAP_USER.net

     中国政府は16日未明、米国から輸入する659品目、約500億ドル(約5兆5千億円)分を対象に、25%の制裁関税を課すと発表した。トランプ米政権が中国製品に25%の制裁関税を課すと発表したことに対抗し、米国と同規模の措置で報復する。米中の貿易戦争に発展する恐れが一層強まった。

     500億ドル相当のうち、米国と同様に340億ドル相当は7月6日に制裁関税を発動する。農産品、自動車、水産品など545品目が対象だ。残りの品目の実施時期は別途公表する。

     中国財政省は「米国の措置は世界貿易機関(WTO)の関連規則に違反する。中米貿易協議の合意にも反し、中国国家と人民の利益を脅かす」と非難した。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/180616/ecn1806160006-s1.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529101062


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/15(金) 21:17:25.71 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2018-06-15 11:12
    http://news.searchina.net/id/1661400?page=1

     中国メディア・東方網は14日、「どうして中華料理は日本料理やフランス料理に比べて精緻さが欠けるように見えるのか」とする記事を掲載した。

     記事は、近ごろ米国の質問掲示板上で「どうして中国料理は日本料理やフランス料理よりも精緻に見えないのか」との質問が出たと紹介。これに対する外国のネットユーザーの意見を紹介している。

     あるユーザーは、「その認識には、主に2つの原因がある。1つは、長きにわたって蓄積してきたイメージ。われわれは日本料理やフランス料理を中国料理よりも繊細で美しいというイメージを持ち続けてきたのだ。

    もう1つは、中華料理が米国あるいは西洋諸国に伝わった歴史的背景。中国の食べ物はみな廉価な労働力を通じて入ってきたことで、安くて低級なものと認知されてきたのだ」と論じた。

     一方で、別のユーザーは「その質問は、歴史上で最も愚かな質問だと思う」と指摘。その理由について「世の中にはもともと欧州料理とアジア料理の2種類しかないのだ。米国やカナダ、南米の料理はいずれも欧州から来たもの。

    そして、日本料理や韓国料理はみな中華料理の影響を受けている。

    本当の中国グルメは信じられないほど素晴らしいものであり、実に多種多様なのだ」と説明している。

     さらに、「あなたが食べている中華料理は本当の中華料理ではない。魚ひとつとっても本式の中華料理は何十種類の調理法を持っていて、味も食感も素晴らしい。

    北米の中華料理は実際、われわれの口に合うようにアレンジされたもので本場の中華料理ではないのだ」とするユーザーもいたとのことである。

     どの国の料理にも、大衆に愛される廉価で手早く作れるものと、宮廷や貴族、富豪が食するような高級料理が存在する。




    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1529065045


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ガラケー記者 ★:2018/06/14(木) 16:03:11.17 ID:CAP_USER.net

    物理学者アルバート・アインシュタインが1920年代にアジアを旅行した際の日記が5月29日、発売された。日記には人種差別的で、外国人嫌いを思わせる記述が含まれていた。
    この日記は1922年10月から1923年3月にかけて書かれたもの。極東地域や中東を旅した際の経験が記されている。
    日記の中でアインシュタインは、否定的で見境のない一般化を行っている。例えば中国人は「勤勉で、不潔で、鈍い人々」だと表現した。
    アインシュタインは人生の後半では、米国の公民権運動の支持者となり、人種差別主義を「白人の病気」と呼んだ。
    アインシュタインの日記が英語で単行本として発売されるのは初めて。
    「アルバート・アインシュタインの旅行記:極東、パレスチナ、スペイン 1922年-1923年」は米プリンストン大学出版会から発売された。カリフォルニア工業大学アインシュタイン・ペーパー・プロジェクトでアシスタントディレクターを務めるゼエブ・ローゼンクランツ氏が編集した。
    アインシュタインはこの時期、スペインから中東へと、当時セイロンと呼ばれていたスリランカを経由して中国と日本へ、2度の旅行をした。
    アインシュタインはエジプトのポートサイドに到着した際、品物を売りに船に乗ってきた人々の様子を、「あらゆる色のレバント人が(中略)地獄から飛び出してきたかのようだ」と表現している。
    また、セイロンのコロンボに滞在した際の記述では、現地の人々について「非常に不潔でかなりの悪臭がする地面に暮らし、ほとんど何もしないし、何も必要としない」と書いた。
    アインシュタインの旅行には、妻のエルザも同行した
    しかしアインシュタインが最も辛辣(しんらつ)に批評したのは、中国人についてだった。
    英紙ガーディアンが掲載した日記に関する記事によると、アインシュタインは中国人の子供を「気力がなく、鈍い」と説明し、「もし全ての人種が中国人に置き換わったら、残念なことだ」と書いた。
    他の日の日記では、アインシュタインは中国を「奇妙な家畜の群れのような国」だとし、「人間というよりオートマトン(自動で動くロボット)に似ている」と記した。この 記述の前には、中国人男性と女性の間に「違いはごくわずかしかない」とし、女性の「危険な誘惑」に対して男性がいかに「自らを守ることができないか」について疑問符をつけた。
    科学における才能と人道主義で名高いアインシュタインは、アドルフ・ヒトラーとナチ党の台頭を受け、1933年に米国へと移住した。
    ユダヤ人科学者のアインシュタインは1946年、米ペンシルベニア州のリンカーン大学での演説で、人種差別主義を「白人の病気」だと表現した。リンカーン大学は、米国で初めて黒人に学位を授与した大学だった。
    BBC News
    2018年06月14日
    http://www.bbc.com/japanese/44477861


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528959791


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★:2018/06/14(木) 19:41:59.13 ID:CAP_USER.net

    https://www.recordchina.co.jp/b613799-s0-c50-d0054.html

    2018年6月14日、中国のスポーツメディアの騰訊体育は、2026年のサッカー・ワールドカップ(W杯)の開催地が米国、カナダ、メキシコによる3カ国共催に決まる中、韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が、2030年大会を韓国、北朝鮮、日本、中国で共同招致することに意欲を示したと伝えた。

    記事によると、鄭会長は13日、国際サッカー連盟(FIFA)の総会後に韓国メディアのインタビューに応じ、「2030年W杯を単独で招致申請する国が一つもなければ、南北と日本、中国による共同招致が成功する可能性がないわけではない」とし、日本と中国、北朝鮮に共同招致を提案したことを明らかにした上で、9月または10月に話し合うことに意欲を示したという。

    記事は、「鄭会長はもちろん、22年大会がアジアのカタールで開催されることから30年に同じアジアで開催される可能性は低いこと、30年大会はW杯100周年に当たるため、第1回大会を開催したウルグアイが招致すれば名分で劣ることなどを理解しているはずだ」とした上で、「鄭会長は、30年大会の招致に失敗しても34年のための布石になると考えているようだ」と伝えた。

    記事はさらに、「韓国が日中韓朝によるW杯共同招致を主張したのは今回が初めてではない」と指摘。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年、訪韓したFIFAのインファンティノ会長との会談で、30年大会の共催を提案したことを紹介した。

    この話題について、中国のネット上では「中国の夢はW杯の単独開催」「中国にはすでに単独開催するにふさわしい経済力がある」「勝手に中国を巻き込まないでくれ」などと消極的なコメントが多数寄せられていた。

    また02年日韓大会での韓国による審判買収疑惑を挙げ「そのような国との共催はごめんだ」という声も相当数あった。

    ほかに「中国代表の実力はまだW杯出場レベルにない」とし、「実力が伴ってから招致しても遅くない」とする人もいた。(翻訳・編集/柳川)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528972919


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★:2018/06/14(木) 07:19:17.49 ID:CAP_USER.net

    https://www.recordchina.co.jp/b613019-s0-c30-d0063.html

    2018年6月11日、米華字メディア・多維新聞は、「日本の相撲は中国発祥かもしれない」と指摘する記事を掲載した。

    記事は「相撲は日本の国技と称されている」と紹介し、「ただ、このスポーツの発祥地は恐らく日本ではない」と説明。起源に関する言われ方には「いくつかの可能性がある」と続け、「ルールや形式から、ある人はモンゴルのブフ(モンゴル相撲)から来たと考えているが、『蚩尤戯』という古代中国の競技が日本に伝わった後、形を変えたのかもしれないという考え方もある」と伝えた。

    残る「可能性」に関しては「『相撲』という漢字2文字から見ると、インド発祥という説もある。隋(581~618年)、唐(618~907年)の時代にインドから大量の経典が中国に持ち込まれ、うち『仏本行集経』にはインドの素手で戦うスポーツに関する記載があるのだが、中国の『角力』とは異なるため翻訳者が『相撲』と名付けた。古代中国には力や格闘技術を素手で競うスポーツがあり、人々はそれを『角力』『角抵』と呼んだのだ」などと紹介。ただ、最後は「起源はどうであれ、現在の相撲は正真正銘、日本の特色を色濃く持つスポーツとなっている」とまとめている。(翻訳・編集/野谷)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528928357


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ガラケー記者 ★:2018/06/11(月) 18:33:46.94 ID:CAP_USER.net

     中国メディア・今日頭条は10日、「古代から今に至るまで、どうして日本人は中国人を嫉妬し続けてきたのか」とする記事を掲載した。

     記事は、「日本に住むある中国人が『日本人は中国人に対して普遍的かつ根拠のない優越感を抱いていることに気づいたのだが、どうしてそうなるのか本当に分からない』と質問してきた。そこで私は『それは、日本人が中国人に嫉妬していることの表れだ』と答えた」とした。

     そのうえで、「日本人が中国人に嫉妬を抱かないはずがない。彼らは、われわれが広い土地や豊かな資源、そして、優れた血統と複雑な文化を持っていることを妬んでいるのだ。歴史上、中国は日本よりも進んだ文明があり、強い巨人であり続けた。それゆえ日本人は、嫉妬をすれども謙虚で、大量の人員を中国に派遣して学ばせてきたのである」と説明している。

     一方で、近代に入ると「日本は極東で実力のある帝国と見なされ、中国の全てを手に入れようとした。そこで19世紀後半には琉球、20世紀初めには韓国といういずれも中国の属国だった地域を併合した。さらには、日清戦争や日中戦争を引き起こしたが、最終的にその野望の実現は失敗に終わった。そこで日本人は中国の広大なバックアップやメンタルの強さに嫉妬を抱いたのである」と論じた。

     さらに、「日本人は中国に嫉妬し続けると同時に、中国の弱点やおくれている点を蔑視しており、このような複雑な心理が長きにわたり日本人を縛り続けてきたのだ。2010年に日本を抜いて世界第2の経済大国になった中国に対し、日本人は心から憂慮を抱き、嫉妬している。しかし、日本人は中国の台頭をとめることはできず、ただただ憂慮を募らせることしかできないのだ」としている。
    searchina
    2018-06-11 15:12
    http://news.searchina.net/id/1661067?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528709626


    はてなブックマークに追加
    1 名前:しじみ ★:2018/06/11(月) 11:33:56.40 ID:CAP_USER.net

    ■貧しい家族の長女は我が身を投げ打って妹を助けようとしたけれど、
    結婚できると信じて寄付した人はどうなる...?

    ある中国人女性が、10代の妹を救いたい一心で吐いた嘘が話題を呼んでいる。

    偽りの情報を発信したのは、河南省南部の出身のツィ・チャオ(23)。
    香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが、ウェブサイト「The Paper」を引用して報じたところによると、
    チャオは白血病の妹の治療費を援助してくれたら結婚すると言って、寄付金を集めた。
    その額、80万元(約1400万円)。

    ■障害を持つ母親にごみ収集作業員の父親。到底足りない

    チャオの家族は貧しい田舎から出てきた。
    ごみ収集作業員の父親の稼ぎは一カ月でわずか1000元(約1万7150円)。母親は身体に障害があるため働けない。

    さらに、14歳の妹は病魔に冒され河南省鄭州市の病院に入院。
    姉は妹の世話をするために幼稚園教諭の仕事から離れて献身的に看病する日々だ。
    妹の治療費を賄えるほどの余裕はない。

    妹の治療費を集めようと、まず妹の通う学校がウェブサイトを通じて寄付を呼び掛けた。
    しかし、これでは十分な金額に届かなかった。そうこうしている間にも、刻一刻と悪化する妹の容態。
    姉は焦りを募らせた。

    ■「家族がみすぼらしいことを知られたくなかった」

    そこで姉は寄付金を集めるオンラインサイトで治療費を得るために嘘を吐くことを思い立つ。
    寄付金の募集に書き加えたのは、「妹の治療費を提供してくれる人と結婚します」。
    これで世間から寄付への注意を引けると思った。

    すると想像以上の反響があった。嘘だと知らずに、結婚できると信じた人から寄付が集まり、
    当初目標としていた50万元(約860万円)を遥かに超える80万元(約1400万円)に達した。

    ツィ・チャオは「妹の治療費を提供してくれる人と結婚します」というのは嘘だと白状し、
    「周囲に自分の家族がみすぼらしいことを知られたくないという思いから出てしまった嘘だった」と弁明。
    「妹を助けるためにできることは何でもする」と言う。
    自分の骨髄と妹のものとの適合性はまだ確認できていないが、適合すれば妹のドナーになるつもりだ。

    ただ、ツィ・チャオと本気で結婚したいと願って、その引き換えに寄付した人はどうなるのか、
    返金措置の有無など、状況は明らかでない。

    画像:(右の写真がツィ・チャオ。左は妹を看病する様子)
    https://pbs.twimg.com/media/DfG-G8mUYAAnrtY.jpg
    :large
    https://twitter.com/msnph/status/1004793220130148352

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2018/06/1400-2.php


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528684436


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/10(日) 10:23:09.04 ID:CAP_USER.net

    サーチナ2018-06-10 07:12
    http://news.searchina.net/id/1660995?page=1

     中国メディア・東方網は7日、日本で1匹2万円の「カニ」を食べた中国人が「いくら何でも高すぎると思ったが、中身を見て納得した」とする記事を掲載した。

     記事は、日本を旅行した際に南西諸島に生息するヤシガニを食べる機会があったと紹介。「このカニはハサミの力が非常に強く、硬いヤシの実さえ開けて中の果肉を食べることからその名前がついたという。

    話には聞いていたが、今回の日本旅行ではヤシガニを食べるチャンスが得られた。しかし、その値段が非常に高い。1匹でなんと2万円もするのだ」とした。

     そのうえで、生きたヤシガニを水の中で洗った後、叩いて気絶させるとカニ用のハサミである程度砕き、鍋の中に入れて蒸しあげると説明。「蒸しあがったヤシガニは真っ赤に変色して、見た目がとてもおいしそうだ。

    とはいえ特に目立った点はなく、2万円という値段はぼったくりではないかと感じた」と伝えている。

     その後、店員が調理したヤシガニを持ってきてくれ、醤油につけて食べると非常においしいと教えてくれたのこと。そして記事は、「私はまずヤシガニの腹から食べようと、腹の殻を開いたところで、2万円を支払ったのは決して無駄ではなかったのだということに気づいたのである。

    このヤシガニ、味噌がなんと多いことか。腹いっぱいに押し込まれていると言っても過言ではない。これこそ『最高級のシーフード』だったのだ!」と感嘆したことを紹介した。

     (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528593789


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニライカナイφ ★:2018/06/09(土) 12:33:25.82 ID:CAP_USER.net

    ◆信じられない!日本が26倍も国土の大きい中国に兵を向けたのはなぜか=中国メディア

    日本の国土面積は約37万8000平方キロメートルであるのに対し、中国は約960万平方キロメートルと日本の約26倍に達する。
    広大な国土を持つ中国から見れば、日本は小さな島国に映るだろう。

    しかし、国土の規模が圧倒的に違うゆえ、中国人からすれば小さな島国の日本がかつて中国を侵略しようとしたという事実が信じられない部分もあるようだ。
    中国メディアの快資訊は8日、国土がわずか37万8000平方キロメートルしかない日本が中国に兵を向けたのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

    記事は、盧溝橋事件が起きた1937年当時、中国の政権を掌握していたのは国民党政府であり、兵力は約202万人に達し、軍艦は66隻、戦闘機は600機以上を保有していたと紹介。
    それに対し、日本の陸軍は50万人以上、2600機以上の戦闘機に200隻以上の軍艦を保有していたと紹介する一方で、中国には広大な国土と豊富な資源があったため、「数字上は日本の侵攻に無限に耐えられるはずだった」と論じた。

    だが、国民党政権下にあった当時の中国は国が乱れ、共産党と国民党による内戦「国共内戦」も続いていたため、当時の中国は大きく疲弊していたと紹介。
    もともと工業面で日本に遅れをとっていた中国は国と人民が疲弊しており、外部からの侵略に抵抗する力を大きく削がれていたと指摘し、それゆえ中国は日本の侵略を許してしまったのだと主張した。

    サーチナ 2018-06-09 11:12
    http://news.searchina.net/id/1660990?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528515205


    はてなブックマークに追加
    1 名前:薬師神 ★:2018/06/08(金) 18:02:40.18 ID:CAP_USER.net

    和洋中どんな料理にも使える万能の食材・タマゴ。
    中華料理にも多くのタマゴ料理があるが、日本には中国人もびっくりのタマゴ料理があるという。

    中国メディアの快資訊は7日、「日本人の好きなタマゴかけごはん」に関する記事を掲載した。
    中国ではタマゴを生で食べる習慣がないため、日本の習慣は理解できないという。
    そもそも、食中毒の心配はいらないのかと疑問を呈している。

    記事はまず、日本人がいかに生タマゴを好きか紹介した。
    日本料理に生タマゴは絶対に欠かせないと言っても過言ではなく、いろいろな料理に生タマゴが使われるとした。

    実際、すき焼きはもちろん、納豆やカレーにかけて食べるなどさまざまな食べ方がある。
    しかし、いろいろな調理法があるタマゴを、なぜ生で食べなければならないのか、という中国人からするともっともな疑問を提起した。

    その答えについて記事は、「生で食べる専用のタマゴを作っているからだ」と分析。
    中国人なら誰でもまず「食中毒は怖くないのか」と考えるが、日本では、タマゴを消毒したうえで、生食を前提にした賞味期限をタマゴ1つ1つに印字して販売していると、中国との違いを紹介した。

    中国ではタマゴを洗ってから販売するという習慣も、賞味期限を明記する習慣もない。
    記事は、これなら中国でも真似することは可能だが、そうしたところで売れないだろうと正直な感想を記した。
    やはり、中国人には受け入れがたいようだ。

    日本では、生食が習慣になっているため、食中毒対策はしっかりしていると言えそうだが、サルモネラ菌のリスクは0ではなく、冷蔵保存を徹底することや、割ったらなるべく早めに使うなどの注意は必要だ。
    いずれにしても、日本人にとっては生でタマゴを食べるのは当たり前のことだが、中国では当たり前に食べることはできず、タマゴかけごはんを食べられるというのはありがたいことだと言えるのかもしれない。

    http://image.searchina.net/nwscn/9/6/5/1660965.jpg

    http://news.searchina.net/id/1660965?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528448560


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★:2018/06/07(木) 15:18:45.71 ID:CAP_USER.net

    http://news.searchina.net/id/1660841?page=1

     中国メディア・東方網は6日、「中国とインド、どちらかに必ず行かなければいけないとなったら、日本人はどちらを選ぶか」とする記事を掲載した。日本人の選択に、記事の作者は大きな衝撃を受けたようだ。

     記事は、「多くの中国人観光客が日本旅行を好み、日本での買い物が大好きだが、一方で日本人は自分たちの生活空間が中国人観光客に占拠されていると感じており、中国人観光客に対して愛憎相半ばといった感情を抱いている」とした。

     そして、「われわれはまた、多くの日本人が中国への旅行を好まないということ気づく。多くの日本人が、中国人が日本に対して敵対心を持っており、中国への旅行は危ないと認識しているのだ。中国とインドのどちらかに行かなければならないとなった時に、インドを選ぶ人さえいるのである」と伝えている。

     そのうえで、中国よりもインドに行こうと考える理由として、「まず、インドは英語が通じる。そして、インド人も日本人もカレー好きという共通点がある。そしてなんと、中国の食品よりもインドの食べ物の方が安心だという日本人すらいるのだ。彼ら曰く、インドの不衛生な食べ物は見れば分かるが、中国の食品は危ないかどうか見ても分からないからだとか」とした。

     記事は、さらに別の理由として、中国人の顔が日本人に似ているのに対して、インドにはエキゾチックな美女がたくさんいるといったことを挙げている。記事の内容がどこまで本当かは分からないが、日本人が中国に行きたがらない理由として「中国人の反日感情が怖い」「食べ物が安心できない」というのはあるかもしれない。一度定着したイメージを変えるというのは、なかなか大変だ。(編集担当:今関忠馬)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528352325


    はてなブックマークに追加
    1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2018/06/06(水) 15:48:35.66 ID:CAP_USER.net

    米軍基地が沖縄県に集中している問題で、沖縄県民の7割が不平等と感じているのに対し、全国では半数程度にとどまり、
    認識に大きな差があることが、早稲田大学文学学術院の田辺俊介教授らの2017年意識調査で分かった。

    戦後教育の見直しを求める声は2009年の調査より減ったが、中国人や韓国人に対する排外意識が強く、
    若い世代を中心とした右傾化傾向が続いているようだ。

    調査は2009年から4年ごとに継続して進めているもので、2017年分は選挙人名簿から抽出した全国1万500人のうち、
    沖縄県民504人を含む4,385人から回答を得た。

    それによると、沖縄に集中する米軍基地問題では、沖縄県民の54.9%が「不平等」、
    18.9%が「やや不平等」と答えたのに対し、全国では「不平等」が21.8%、「やや不平等」が30.1%にとどまった。

    沖縄経済が米軍基地なしの成り立つかどうかでは、沖縄県民の10.3%が「成り立たないと思う」、
    21.1%が「成り立たないとやや思う」と回答したが、全国では「成り立たないと思う」が14.0%、
    「成り立たないとやや思う」が35.5%と大きく沖縄を上回っていた。

    若者を中心に日本の右傾化傾向が指摘されているが、愛国心教育の推進を求める声は2009年の59%から49%に下がった。
    その一方で、外国人の増加については、中国人に対して75.0%、韓国人に対して66.7%が反対の意向を示し、2013年調査で急増した排外的意識が継続している。

    マスメディアの報道については47.9%が「信頼できない」「やや信頼できない」と答え、特に若年層で拒否反応が強かった。
    安倍晋三首相に対して「嫌い」と評価する声が34.9%と2013年の1.5倍に増えたが、自民党の好感度に大きな変化はなかった。
    https://bioimpact.jp/news/detail/547447

    日本人の国際化、政治、社会に関する意識 全国を対象とした2009年からの継続調査を分析
    https://www.waseda.jp/top/news/59444
    https://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2018/05/bb531a558ad476f59fc8d183eafbc3e8.png


    好転しない韓国人・中国人への排外主義

    2009年頃から盛んになったヘイトスピーチの問題とも関連し、特に近隣諸国の人々(韓国人・中国人)への排外主義が社会的に大きな問題となっている。
    本調査では「あなたが生活している地域に、以下のような人々が増えることに賛成ですか、反対ですか」とたずねた上で
    「1.賛成、2やや賛成、3やや反対、4反対」という4つの選択肢からの回答を求めた。

    調査の結果、ヘイトスピーチ問題が議論され始めた2009年に比べ、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事故(2010年)が大きく報道された後の2013年調査では、
    中国人の増加に反対する意見が急増(2009年の反対+やや反対65.7%から2013年では75.8%と10ポイントの増加)し、2017年でも75.0%と同水準を維持している。

    韓国人に対する意見も同様の変化を示しており、2009年では「反対+やや反対」で55.3%だったものが、
    2013年で66.7%、2017年でも66.7%とほぼ変化がなかった。

    2009年と2013年の間の排外主義的回答の急増は、中国(尖閣諸島問題)・韓国(竹島問題)などの領土問題がクローズアップされた結果と考えられる。
    さらに2017年でもその悪化した状況が継続していることが、2017年の結果にも影響したと推察される。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528267715


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/04(月) 19:58:53.41 ID:CAP_USER.net

    Record China 2018年6月4日 12時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14813034/

    2018年6月3日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、大阪の焼肉店で店員から「こんな汚い食べ方をして、もういいから帰ってください」言われる様子を撮影した動画が公開され、注目を集めている。

    微博で紹介された動画は「ある観光客が近頃、大阪の焼肉店で日本人に罵られた」というもの。焼肉店のレジで、客と何やら話しをしていた店員が「もう帰ってええから、もう帰って下さい。そんなんいいですわ、あんな汚い食べ方してね、もうそんなんないですわ。

    もう無茶苦茶ですわ」と怒りとあきれた感情が入り混じったような口調で客を帰そうとしている。

    動画を掲載したユーザーは「その続き」として、動画を撮影した中国人女性客本人との微信(WeChat)でのやりとりを紹介。その中で女性客は「90分の食べ放題で、私と姉がずっと中国語で話してたら、店員の態度が日本語を話す客と全然違っていた。

    そこで会計の際に店長を呼んで『外国人への対応は日本人と違うのか』と問い正した。動画を撮影していたら店側が怒りだし、お金はいらないから帰ってくれと言われた。

    こっちも腹が立っていたので、お金を置いて店を出ると、店長がお金を持って追いかけてきた」などと経緯を説明している。

    当人の不満とは裏腹に、中国のネットユーザーからは「この店行ったことある。

    和牛を安く食べられるから中国人がたくさん行くんだけど、きっとこの人たちは食べ残したんだろう」「愛国者として理性をもって言わせてもらえば、日本の業者と中国人観光客の間で発生したトラブルの大多数は、
    顧客側に問題がある……」「問題は、どういう食べ方をしたかだよ」「大声を出したり、たばこ吸ったりしたりしなければ、こんなトラブルにはならない」「店員が『あんなに汚い食べ方』と言ってる。食べ散らかしたのではないか」「店員の態度は、
    『罵る』というほどひどいものではない」など、意外にも店側ではなく客側に問題があった可能性を指摘するコメントが大多数を占めている。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528109933


    はてなブックマークに追加
    1 名前:らむちゃん ★:2018/06/03(日) 17:23:15.08 ID:CAP_USER.net

    プレジデントオンライン2018年6月3日 11時15分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14808886/

    「日本に移住するべきじゃなかったかも」。アラフィフの中国人が、そんな後悔を口にするようになっている。彼らは1989年の天安門事件で中国を見限り、政治的にも経済的にも先進国だった日本に移り住んだ。だがその後、日本経済は沈滞。

    一方、中国は世界2位の経済大国となった。彼らの「後悔」に対して、日本人はどんな言葉をかけられるのだろうか――。

    ■「中国はダメな独裁国家」と考えていたけれど……

    「来日(1991年)から10年くらい、日本はすばらしい民主主義国家で、中国はダメな独裁国家だと考えていたんですよ」

    2015年の春、関東地方の地方都市のショッピングモール内にある喫茶店で、私にそう話したのは元中国人の呂秀妍(当時53歳)だ。黒龍江省出身だが、日本での生活はもう20年以上。すでに日本国籍を取得している。

    このとき、私は『八九六四』(KADOKAWA)という書籍の取材のため、「六〇後(リョウリンホウ)」と呼ばれる1960年代生まれの中国人たちに片っ端から話を聞いていた。彼ら彼女らは中国国内での世代別人口が最も多いグループのひとつで、現在の年齢は50歳前後だ。

    彼らの青年時代である1980年代の中国は学生運動が盛んな時代で、民主化運動にシンパシーを持った人も多い。また、彼らが若い頃はちょうど日本のバブル期に相当し、エリート層には日本留学経験者も多いことから、中国における「親日」第一世代と呼べる人たちでもある。

    (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528014195


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ガラケー記者 ★:2018/06/02(土) 13:10:25.54 ID:CAP_USER.net

     日本には中国から伝わった文化や風習が今も数多く残っている。それは日本が古代中国を師として、さまざまな事物を学んだ歴史があるためだが、中国人からすれば、「日本は中国に学んでいた存在だったはずなのに、いつの間にこんなに先進的な国になったのか」という疑問もあるようだ。

     中国メディアの快資訊は1日、わざわざ遣唐使を送って中国から多くのことを学んでいたように、中国はかつて日本にとって師に当たる存在だったと指摘する一方、現代の日本は中国より先進的であり、中国が日本に学ぶべきことの方が多いと伝えている。

     記事はまず、日本を訪れたことのある中国人ならば、「日本にはどこに行っても秩序があり、環境が整っている」という共通認識を持っているはずだと指摘。また、日本人は子どもでもルールを守り、集団行動ができることは多くの中国人にとって「震撼させられること」であり、同時に学ぶに値することなのだと論じた。

     また、日本はかつて先進的な技術や思想を中国に学んでいたと指摘する一方、今や技術力では日本の方が上であると指摘。製造業の分野でも世界に名だたる企業は数多く存在すると伝え、中国は隋や唐、宋の時代は日本より確実に先進的であったはずなのに、現代では日本の方が先進的な分野は圧倒的に多いと指摘した。

     さらに記事は、元々は中国に起源を持ちつつも、日本で花開いた文化は多いと伝え、中国人も日本人のように長所や精髄を学び取り、1つのことを極めて昇華させる姿勢を身につけなければならないと伝えている。
    searchina
    2018-06-02 12:12
    http://news.searchina.net/id/1660535?page=1


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1527912625


    はてなブックマークに追加
    1 名前:荒波φ ★:2018/05/26(土) 14:34:07.44 ID:CAP_USER.net

    ※ソース元に動画あり

    【簡単に説明すると】
    ・アメリカの道路で女性ドライバーが韓国系男性に向かって差別
    ・「中国に帰れ」と叫び目をつり上げる
    ・証拠映像が元で身柄を確保されるが起訴はされない?

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/05/001-66.jpg


    韓国系米軍がアメリカ、カリフォルニア州フリーモントを走っていた際に人種差別を受けたという。

    事件はアンさんが友人を乗せて車を運転しており、自分の車の隣を通った中年の女性ドライバーが突然窓を開けて東洋人を差別する意味である、両目で目をつりあげるジェスチャーをした。この様子はアンさんの友人が動画で撮影し証拠となった。

    映像を見ると相手の女性ドライバーは中国人と間違えたようで「ここは私の国で、中国じゃない。アグリーチャイニーズ(ugly Chinese・酷い中国人)は帰れ」と叫んだ。

    これに対してアン産派「事件当時の道路の制限速度である35マイルを守って運転していたが、付いてきた相手ドライバーがこれに怒っていた。窓をおろして人種差別を行った」と怒りを露わにした。

    この映像を証拠に警察署に通報し、問題の運転手の身柄を確保したが、処罰するかどうかは現段階ではわからないという。関係者は「今回の事件が犯罪になりえるのか難しい。女性ドライバーがアンさんに会って補償するとしているが、アンさんがこれを拒否した」と明らかにした。

    被害にあった人物は1992年に雨以下(原文ママ)に移民した韓国系の人物で、2012年から米空軍で服務中。


    2018/05/26 13:10:03
    http://gogotsu.com/archives/40108

    ※別ソース
    https://saboteur365.wordpress.com/2018/05/24/white-woman-who-made-slant-eyes-gesture-toward-slant-will-not-be-charged-say-police/


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1527312847


    Ads
    記事検索
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【W杯】韓国世論~「韓国代表、決勝リーグ進出する」=38%
    • 【W杯】韓国世論~「韓国代表、決勝リーグ進出する」=38%
    • 【韓国】 「日本に韓国民主化の犠牲と成就を見せようと思った」~NHKドキュメンタリー「その時、市民は軍と戦った」演出家
    • 【韓国】 日本が覆ったコンクリートはがしに20年、弥勒寺址石塔の修理完了
    • 【韓国】 日本が覆ったコンクリートはがしに20年、弥勒寺址石塔の修理完了
    • 【韓国】ロシアW杯で影を潜めた『旭日旗』・・・一体なぜ?
    • 【サッカーW杯】「日本は歴史的勝利」韓国紙も速報…青瓦台掲示板には韓国代表やスウェーデン糾弾書き込み殺到
    • 【サッカー】韓国、スウェーデン戦で怒りの国民請願 「再試合を要求」「スウェーデンにミサイルを発射して」
    • 【軍事】 「韓国人、在韓米軍なくして朝・中・日にどう対応するのか疑問」~韓半島専門家マイケル・グリーン氏
    • 【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本
    • 【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本
    • 【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本
    • 【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本
    • 【韓国】我が国の陶磁器文化を盗んで世界で技術力を認められた日本
    • 【韓国】「ワールドカップを契機に戦犯旗の使用は中止されるべき」=徐敬徳教授が映像配信
    • 【韓国】「ワールドカップを契機に戦犯旗の使用は中止されるべき」=徐敬徳教授が映像配信
    • 【韓国】あなたが知らない『一万円札』に刻まれた日本人の醜い蛮行
    • 【韓国】あなたが知らない『一万円札』に刻まれた日本人の醜い蛮行
    • 【韓国】あなたが知らない『一万円札』に刻まれた日本人の醜い蛮行
    • 【韓国】あなたが知らない『一万円札』に刻まれた日本人の醜い蛮行
    • 【韓国】あなたが知らない『一万円札』に刻まれた日本人の醜い蛮行
    • 【韓国】あなたが知らない『一万円札』に刻まれた日本人の醜い蛮行
    • 【韓国】 日本外交の復活に期待する~対米一辺倒を止め、安保パラダイムを軍事から外交へ転換せよ
    • 【K-POP】韓国の7人組グループ「オーマイガール バナナ」が日本デビュー ミニアルバム「バナナが食べれないサル」の発表会見
    • 【中国】〈画像あり〉「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助けるための嘘で約1400万円
    • 【韓国】2018ミスコリア選抜大会候補者の入所式(写真)
    • 【韓国】2018ミスコリア選抜大会候補者の入所式(写真)

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ