ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 18:54:25.90 ID:CAP_USER.net

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=185472&ph=0

    2017年7月24日、韓国・マイデイリーなどによると、米国の人気歌手リチャード・マークス氏が、今年6月に予定していた韓国公演を10月に延期することになった理由を明かした。

    訪韓に合わせこの日ソウル市内で開かれた会見でマークス氏は、6月2~4日の予定だった韓国でのコンサートを延期したいきさつについて、「決定がなされた時点で、朝鮮半島に緊張感のようなものがあった。私よりは周りの多くの人たちがその部分を指摘し引き止めた」と述べ、北朝鮮によるミサイル発射などに起因する朝鮮半島情勢の悪化が主因であったと明らかにした。「緊張感のために(公演開催が)難しいのであれば、中止とせず延期にしたい」と考え、10月12・14・15日に延期を決めたという。

    しかしこの会見に、韓国国内ではブーイングが起こっている。記事に寄せられたコメントで多くの共感を得たのは「オーバーだな」「言い訳としてはイマイチ」「まったくふざけた理由をつけたもんだ。そんなに心配症の人が銃器事件の多い米国でどうやって暮らしてるんだ?」「来てくれと頼んだ覚えはない」などマークス氏の姿勢に批判的な声だ。

    また、「あなたが本当のアーティストなら、むしろこういう時に訪ねて来て平和を歌うのが筋だろ」と主張するユーザーや、「はて?ただチケットが売れてないだけでは?今さら中止にもできないし、記事にしてもらってチケットを売ろうとしてるんだね」と疑うユーザーもいる。

    さらには「君の気持ちは分かるよ。米国が北朝鮮をいつ攻撃するかも分からない状態だから不安なんだろう」と推測するコメントもあった。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500976465


    はてなブックマークに追加
    1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 13:03:27.15 ID:CAP_USER.net

    【釜山聯合ニュース】排他的経済水域(EEZ)での漁獲割当量などを決める韓日漁業交渉の決裂で、釜山地域の漁業従事者の被害が拡大していることが25日までに分かった。

     釜山市によると、2016年漁期(16年7月1日~17年6月30日)の韓日漁業交渉が事実上決裂したのに続き、17年漁期(17年7月1日~18年6月30日)の交渉も漁期が始まった現在も日程さえ決まっていないなど、影響は過去最長となっている。

     1999年1月に韓日漁業協定が発効してから両国は毎年、漁期に合わせて交渉を行ってきた。韓国は日本側のEEZ内で主にタチウオとサバを、日本は韓国側のEEZ内でサバを漁獲している。

     だが、昨年に続き今年の交渉も妥結の兆しが見えない。業界によると日本の水域で漁を行う釜山地域の漁師の被害は、ここ9カ月間で約425億ウォン(約42億3500万円)に達すると集計された。

     漁獲量の減少に伴い、釜山地域の水産物市場や加工・流通業など関連産業の被害も広がっている。

     今年6月の釜山共同魚市場の販売量は3万8771トン(897億ウォン相当)で、前年同期間の6万1889トン(1140億ウォン)に比べ38%減少した。

     特に何隻もが一団になって主にサバを水揚げする大型巻き網船は毎年3月から10月まで日本の水域で操業してきたが、今年の操業が全面中止の危機に瀕している。

     大型巻き網漁は冬の操業期である昨年11月から2月にも主要漁場の済州島付近の漁獲不振に苦しんだのに続き、今年日本水域での操業ができなければ、操業体系が壊滅的な被害を受けることになる。

     そのため釜山市は、地域漁業の被害予防のために緊急経営安定資金の支援や廃業支援費の補助、大型巻き網漁船の減隻支援、代替漁場の開発支援などを政府に提案している。

     釜山市の関係者は「昨年に続き今年の韓日漁業交渉が難航しているのは、漁獲割当量を巡って韓日両国の立場の隔たりを埋められないこともあるが、実質的には政治・外交問題で韓日関係がぎくしゃくしていることが大きな原因だ」とし、「交渉決裂の長期化による地域漁師の被害予防に政府が積極的に乗り出さなければならない」と述べた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/25/2017072501195.html


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500955407


    はてなブックマークに追加
    1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 11:19:50.77 ID:CAP_USER.net

    社説 朝鮮学校訴訟 学ぶ機会 公平な保障を
    信濃毎日新聞

     高校無償化の対象から朝鮮学校を外した国の処分を不当として学校と卒業生らが起こした裁判で、広島地裁が原告側全面敗訴の判決を言い渡した。学ぶ機会を公平に保障する制度の理念は司法の場でも置き去りにされるのか。是認できない判断である。

     同様の訴訟は、東京、大阪など5カ所で起きている。その初めての判決だった。

     国は、朝鮮学校が北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にあり、無償化の資金が授業料に充てられない懸念があると主張していた。判決はこれを追認し、裁量の逸脱、乱用はないとして原告の訴えを退けた。

     地裁が学校の実態をどこまで正確につかんで判断したのか疑問だ。原告側は、実際に学校に来て調査することや、法廷で教員や生徒に尋問することを求めたが、実現しなかったという。

     高校に相当する朝鮮高級学校は全国に10校あり、1300人余が学んでいる。朝鮮語や朝鮮史を重視するほかは、日本の高校と教育内容に大きな差はない。国内の大学の大半が受験資格を認め、進学する卒業生も少なくない。

     高校無償化は民主党政権が2010年に導入し、外国人学校にも適用されている。朝鮮学校だけが、北朝鮮による日本人拉致問題や韓国への砲撃を理由に適用が見送られ続け、自民党が政権に復帰すると、省令を改正して対象から明確に除外した。

     核・ミサイル開発を含め、北朝鮮に向けられる目は厳しい。だからといって、日本で生まれ育った子どもたちにまで“制裁”を科し、責めを負わせるような施策を続けるべきではない。政治的な理由で、子どもの学ぶ権利と機会を損なってはならない。

     朝鮮学校には既に在日4世、5世が通うようになっている。世代交代が進んで、かつてとは様変わりしたという声も聞く。韓国籍や日本国籍の生徒も多い。北朝鮮の体制を支持する人の子が通う学校とは決めつけられない。

     無償化からの除外と連動するように自治体が補助金を打ち切る動きも起き、朝鮮学校の運営は厳しさを増している。校舎が壊れれば教員や保護者が修理し、卒業生や地域住民にも支えられて成り立っている状況だという。

     朝鮮学校を無償化の枠外に置くことは、公平、公正であるべき教育行政をゆがめる。憲法が保障する教育を受ける権利や、法の下の平等の原則を踏まえて、司法は判断を示してほしい。

    http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170724/KT170721ETI090013000.php


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500949190


    はてなブックマークに追加
    1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 07:23:31.95 ID:CAP_USER.net

    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=185388&ph=0

    中国のポータルサイト・捜狐は23日、「日本に沈没の危機、専門家は中国に移住を提案」と題したコラムを掲載した。

    コラムでは、「地球の表層はプレートと呼ばれる硬い板のような岩盤で、プレート同士がぶつかった付近では強い力が働き地震が発生する。プレート同士が接している場所は地震が多発する地帯だが、日本列島は複数のプレートが接する場所にあり、地震や津波が発生しやすい」と指摘した。

    これを踏まえ、「海外では『日本が世界で最も深い海溝であるマリアナ海溝に沈む可能性もある』との指摘がある。仮に日本が沈没するようなことがあったら、地理的な理由から韓国や北朝鮮、中国といった隣国に避難することが考えられる」とつづった。

    このコラムの主張に対し、中国のネット上では「日本がマリアナ海溝に沈む、あったとしても数千年後の話だろうな」「仮に移民したとしても、同盟国の韓国や米国に行く気がする」と相手にしない反応が目立った。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1500935011


    Ads
    記事検索
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【韓国/航空技術】 壬辰倭乱時に空を飛んだ「ピチャ(飛車」、発展委員会開催 ~ライト兄弟の初期飛行より300年早く
    • 【科学】 ノーベル賞とったニュートリノ検出装置の後継機「ハイパーカミオカンデ」韓国に建設?~日本が提案
    • 【慰安婦財団】理事長が辞意=事実上、活動停止か-韓国
    • 【韓国】慰安婦被害者のキム・グンジャさん死去・・・生存者あと37人
    • 【慰安婦問題】 20万慰安婦の惨状・日本の蛮行に米国で関心高まる~ニュージャージー州バーゲン郡にキリム碑建つ
    • 【ホルホル】日本の10代に『ちょー人気』という韓国文化3つ
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【五輪】 韓国が「スキー宗主国」であったという事実をご存知ですか
    • 【中国】太極拳名人が次々と「敗北」「逃走」の失態…「武道ではない」との批判も
    • 【経済】東芝半導体売却白紙も?韓国SK「裏切り」で大混迷 東芝の技術が韓国のSKに奪われたら、日本の半導体産業は赤信号
    • 【経済】東芝半導体売却白紙も?韓国SK「裏切り」で大混迷 東芝の技術が韓国のSKに奪われたら、日本の半導体産業は赤信号
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【韓国】「いや、ここに無いなんて・・・」~韓国の書店を見回して驚いた日本の政治評論家
    • 【話題】百田尚樹「日本アリ、頑張れ!ヒアリを撃退せよ!日本は外来種と共存できない!」 → 在日が激怒
    • 【朝鮮日報】なぜIMFは韓国政府に根掘り葉掘り質問するのか
    • 【取材日記】 18秒に込められた慰安婦「真実」~日本は全世界の慰安婦20万人に心から謝罪しなければならない
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【慰安婦問題】 日本が絶対否定できない「慰安婦」証拠映像、初公開
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】2000億円かけて進入することが出来ない高速道路を建設
    • 【韓国】韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像、ソウル大研究陣が公開
    • 【韓国】韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像、ソウル大研究陣が公開

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ