ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    1 名前:なつあかねφ ★:2012/01/02(月) 10:02:19.30 ID:???

    12月30日、韓国メディアの掲示板に、韓国のネットユーザーによる「中国人は不潔」といった
    書き込みが相次いだ。写真は浙江省の男性エステ。

    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=cfp413494015.jpg


    2011年12月30日、韓国化粧品メーカーが中国人男性向け化粧品市場への進出を狙っていると韓国
    メディアが報じると、これに韓国のネットユーザーが反応し掲示板への書き込みが相次いだ。
    中国オンラインメディア「cankaoa.com」が「韓国人にとって中国人は不潔」との見出しで伝
    えた。

    以下は同掲示板への書き込みの抜粋。

    食後に歯磨きするならいいほうだよ。どうして歯を磨く必要あるのって質問された!

    中国人特有の腐った唐辛子が香水と化粧品の混ざったような臭いには耐えられない。化粧の前
    には洗顔するんだよ。家に帰ったときも洗顔。水を節約しないで毎日1回は洗うんだよ。洗顔
    と歯磨きくらいできることを願う。

    店員は1年に数回入浴したらいいほう。髪もよく洗わない。夏のバスに乗るとビミョーな臭い~。
    (翻訳・編集/津野尾)


    レコードチャイナ 2012/01/02
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=57503&type=



    はてなブックマークに追加
    1 名前:天の書記φ ★:2012/01/02(月) 06:08:41.26 ID:???

    本誌・三星(サムスン)経済研究所による41ヶ国の分析

    http://image.chosun.com/sitedata/image/201201/01/2012010100994_0.jpg


    2008年の米国発金融危機と2011年の欧州発財政危機に対して我が国は、比較的上手く振る舞い衝撃を
    緩和出来た。しかし今後、再び経済危機が到来した場合、競争国に比べ対応が困難であろうとの分析だ。
    世界経済が2008年のリーマンショック水準の深刻な景気後退に陥る可能性が高いとの警告が相次ぐ状況で、
    韓国経済に非常灯が点いた訳だ。

    本紙と三星経済研究所は、先進国29ヶ国及び新興国12ヶ国の計41ヶ国を対象に世界的経済危機への耐性を
    分析した結果、我が国は2008年以降の危機耐性は100点満点中85点と41ヶ国中で15位となった。だが、
    今後の危機の再到来への耐性は81.7点で41ヶ国中22位に終わった。
    世界的経済危機を乗り越えた各国の成功の秘訣と、耐え切れなかった各国の失敗要因を分析するために、
    「危機対処成果指数」及び「危機対処能力指数」を開発し、各国を比較分析した。

    「危機対処成果指数」は、これまでの世界的経済危機をどの程度克服してきたかを示す指標だ。
    中国が92点で1位を占め、インド(91.5点)・香港(90.1点)などの新興国が高得点を上げた。一方、欧州諸国は
    下位圏に留まった。事実上のデフォルト状態になっているギリシャの危機対処成果指数は68.5点で最下位と
    なっており、アイルランド(76.1点)・ポルトガル(81.1点)なども低かった。

    「危機対処能力指数」は今後の危機到来時の耐性を示す指標だ。
    起業が容易な環境を整えており、社会統合も良好な北欧諸国が高い点数を受けた。「働く福祉」(※1)の構築に
    成功したスウェーデンが87.8点で1位、フィンランド(87点)・デンマーク(86.6点)が2位と3位だった。一方、
    新興国は今後の危機対処能力指数面では下位に留まった。「危機対処成果指数」で4位だったアルゼンチンは、
    「危機対処能力指数」では最下位(73.6点)だった。ブラジル(成果指数6位・能力指数38位)やインド(成果指数
    2位・能力指数35位)なども同じだった。


    朝鮮Biz/韓国語(2012/01/01 21:47)
    http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2012/01/01/2012010101319.html

    ※1 働く福祉
    スウェーデンの持つ哲学、「働く意志を持つ者には等しく機会を与える」を意味する。



    はてなブックマークに追加
    1 名前:壊龍φ ★:2012/01/01(日) 18:39:42.79 ID:???

    親孝行ナンバーワン? 生体肝移植が世界一


     【質問】韓国は生体肝移植の比率が高く、しかもその半数が子供が親に肝臓の一部を提供する、世界一
         親孝行の国というのはホント?

     【解答】確かに韓国保健福祉省が世界保健機関(WHO)の2008年の臓器移植データを分析した結果、
        人口100万人当たりの生体肝移植は韓国が13.64件で、臓器移植データがある世界96カ国の
        うち最多でした。2位のシンガポール(7.33件)の倍近くになっています。

         しかも韓国の場合、子が親に肝臓を提供するケースが多く、2010年の生体肝移植844件のうち
        495件(58.6%)と半数以上を占めるのが特徴です。アルコール性肝障害の父親のために、息子が
        自分の肝臓を提供するケースもあります。

         一方、日本でも1989年から血縁者、家族間などで自分の肝臓の一部を提供する生体部分肝移植
        が開始されました。脳死肝移植はもともと少ないため、生体部分肝移植の症例数が年々増加しています。

         日本肝移植研究会が1992年から肝移植症例の統計を取り始め、2009年末までの肝移植症例を
        集計した結果、総移植数は5721件でした。ドナー別では生体肝移植が5653件と圧倒的な数を占め
        ます。

         さて話を戻すと、韓国は儒教の伝統が残る国なので、親のために自分が犠牲になることをいとわない
        子供たちも多いことは十分に考えられます。世界一親孝行の国というのもあながち間違ってはいないかも
        しれません。

         ちなみに健康な人であれば、肝臓の65%を切り取る手術を受けても、残りの35%の肝臓が再生して、
        1年後にはほぼ元に戻ります。孝行息子や孝行娘が親のために生体肝移植をしたせいで健康を害することは
        ほとんどないようなのでご安心ください。

    韓Fun記者(元ソウル特派員) 水沼啓子


    msn産経ニュース: 2012.1.1 12:00
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/120101/kor12010112010003-n1.htm



    はてなブックマークに追加
    1 名前:壊龍φ ★:2012/01/01(日) 20:58:46.50 ID:???

    http://sankei.jp.msn.com/images/news/120101/kor12010120520009-n1.jpg

    写真: 金正恩氏

     朝鮮中央通信によると、北朝鮮の後継指導者、金正恩氏は1日、朝鮮人民軍第105戦車師団を訪問、
    将兵と共に新年を祝った。金日成主席と金正日総書記の遺体が安置された平壌の錦繍山記念宮殿も訪問
    した。同通信は2件の訪問に関する記事で正恩氏を「朝鮮人民軍最高司令官」の肩書で紹介した。金総書記
    死去に伴う弔問対応以外で、正恩氏の軍視察などの公式活動が報じられたのは初めて。

     同師団は朝鮮戦争の初期段階にソウルへ最初に突入した部隊。北朝鮮では金総書記が1960年8月に
    金主席と同師団を訪れ、軍事優先の「先軍思想」による指導を開始したとされており、2009年と10年には
    金総書記が年頭最初の軍視察を同師団で行っていた。

     正恩氏が初の視察活動の訪問先として同師団を選んだ背景には、歴史的な経緯を踏まえ、金総書記の
    「先軍」路線継承を強調する狙いがありそうだ。(共同)


    msn産経ニュース: 2012.1.1 20:50
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/120101/kor12010120520009-n1.htm



    Ads
    記事検索
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【韓国】残酷な独島アシカ虐殺を美しい童話に美化、独島領有権の主張を強化する教育を展開する日本
    • 【韓国】残酷な独島アシカ虐殺を美しい童話に美化、独島領有権の主張を強化する教育を展開する日本
    • 【韓国】残酷な独島アシカ虐殺を美しい童話に美化、独島領有権の主張を強化する教育を展開する日本
    • 【韓国】残酷な独島アシカ虐殺を美しい童話に美化、独島領有権の主張を強化する教育を展開する日本
    • 【韓国】残酷な独島アシカ虐殺を美しい童話に美化、独島領有権の主張を強化する教育を展開する日本
    • 【平昌五輪】“内紛”の韓国女子パシュート 問題の2選手“代表はく奪嘆願”に半日で20万人超と現地紙
    • 【売春婦】韓国の裁判所がはじめて、米軍兵士に対する「慰安婦」の売春を国が奨励したという判決を下した
    • 【売春婦】韓国の裁判所がはじめて、米軍兵士に対する「慰安婦」の売春を国が奨励したという判決を下した
    • 【韓国】 日本の軍国化を警戒しよう~韓国が再び日本を追い越すのは時間の問題だ
    • 【韓国】 金メダリスト・羽生結弦、過去の「君が代」発言が再び議論に…意図とは関係なく、無知な発言
    • 【平昌五輪】公式SNSが親日投稿を行い批判殺到 抗議を受けて投稿を削除する羽目に 「ここは韓国だ、おまえの国籍はどこだ」の声
    • 【平昌五輪】公式SNSが親日投稿を行い批判殺到 抗議を受けて投稿を削除する羽目に 「ここは韓国だ、おまえの国籍はどこだ」の声
    • 【平昌五輪】公式SNSが親日投稿を行い批判殺到 抗議を受けて投稿を削除する羽目に 「ここは韓国だ、おまえの国籍はどこだ」の声
    • 【平昌五輪】公式SNSが親日投稿を行い批判殺到 抗議を受けて投稿を削除する羽目に 「ここは韓国だ、おまえの国籍はどこだ」の声
    • 【韓国】 「GMがアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ~他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ
    • 【京郷新聞】日本の過度な『韓国叩き』
    • 【平昌五輪】金メダルを獲得したカナダの女子フィギュア選手 韓国で食用犬を90匹救助
    • 【平昌五輪】金メダルを獲得したカナダの女子フィギュア選手 韓国で食用犬を90匹救助
    • 【韓国】平昌五輪会場近くの「ペニス公園」、日本に照準の男性器型大砲も…画像付きでAFPが報じる
    • 【韓国】平昌五輪会場近くの「ペニス公園」、日本に照準の男性器型大砲も…画像付きでAFPが報じる
    • 【韓国】平昌五輪会場近くの「ペニス公園」、日本に照準の男性器型大砲も…画像付きでAFPが報じる
    • 【韓国】平昌五輪会場近くの「ペニス公園」、日本に照準の男性器型大砲も…画像付きでAFPが報じる
    • 【韓国】平昌五輪会場近くの「ペニス公園」、日本に照準の男性器型大砲も…画像付きでAFPが報じる
    • 【話題】帰還事業は「人権侵害」…在日2世の川崎栄子さん(75)が国際刑事裁判所に申し入れ
    • 【韓国】平昌五輪のノロウィルス騒動、汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明。調理用の水が大便物質で汚染されていた
    • 【中央日報】 韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障…日本衛星を活用中 
    • 【平昌五輪】 「中国が韓国を文明化した」…オリンピック開幕式で今度はフランスの解説者の発言が物議

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ