ヘッドライン

    お勧め記事

    はてなブックマークに追加
    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 19:41:10.25 ID:CAP_USER.net

    北朝鮮を笑えるか? 日朝平壌宣言に戻れ 『山田厚史の地球は丸くない』第100回

    北朝鮮を巡るニュースがメディアを賑(にぎ)わしている。核を搭載できるミサイル「火星12」を米軍基地のあるグアム島近くの海域に打ち込むという。発射準備を整え金正恩朝鮮労働党委員長は「米国が先に正しい選択をして行動で見せなければならない」と、米韓合同の演習の中止を求めた。

    ◆戦時中の日本と似ていないか

    北朝鮮の国営放送では、婦人団体会長みたいなおばさんがテレビカメラの前で「アメリカと一戦交えてみたい。包丁を持ってでも戦う」と勇ましく語っている。近隣にこんな国があるのは困ったものだが、テレビの画面を見ていた叔父が

    「君ら、笑っているが、私が子供の頃の日本は、これとちっとも変りなかった」

    ポツリと言った。叔父は私より12歳年上の昭和11年(1936年)生まれ。9歳で終戦を迎えた。

    「天皇陛下万歳」「一億火の玉」「鬼畜米英をやっつけろ」。勇ましいスローガンが今も耳に残っている、という。

    8月になると、戦争を振り返るドキュメンタリーや連載記事がメディアを賑わす。何と愚かなことをしたのか。原爆や焼夷弾を落とした戦勝国米国も褒められたものではない。国家は暴走する。戦争へと動き出したら止まらない。悲惨な目に合うのは庶民だ。

    戦争の記憶と反省を、忘れてはならない、と記者やディレクターが渾身(こんしん)の思いを込めて力作を提供する。だが、あの時の日本と今の我々は、全く違った人間なのだろうか。

    米国は何を学びどんな反省をしたのか。今の北朝鮮は当時の日本と似ていないか。歴史の教訓と現実を結びつけることを私たちはしているだろうか。テレビの映像を見ながら考えさせられた。

    あの頃の日本人は、軍部も政治家もメディアも、愚かだった。今の北朝鮮は指導者が狂っている――。それで済ましていないだろうか。

    真珠湾攻撃に突入する一連の経過を見ると日本は無謀な戦争へと追い込まれたように思える。包囲網と外交圧力に耐えきれず、日本は勝ち目のない戦争に突入した。弱い者ほど勇ましいことを言い、言葉が自らを縛り退路を断ってしまう。それが太平洋戦争だった。

    今の北朝鮮はあの時の日本と同じではないか。国力で数百倍の米国を敵に回して精いっぱいの虚勢を張っている。

    日本は政府もメディアも北朝鮮に冷淡だ。拉致問題を起こしたり、要人を他国で暗殺したり、国際秩序を無視して核開発する。嫌われることばかり。孤立するのは当然、自業自得と世界は見ている。

    いまや「ならず者国家」と見ている北朝鮮だが、かつての日本も米欧から見れば「ならず者国家」ではなかったか。好き好んで「ならず者国家」になる国はない。

    ◆「北」を追い込んだ責任

    アメリカでトランプ大統領の「人種差別意識」が問題になっている。「白人至上主義」という言葉がメディアを賑わす。そんな中、オバマ大統領は「人は生まれながら肌の色で差別するようなことはしない」とネルソン・マンデラ氏の言葉をツイッターで紹介した。

    生まれながらのならず者はいない。社会の差別や世界の仕組みが、ならず者やならず者国を生む。国民は食うのに困っているのに核やミサイルにカネを投じ、世界を威嚇(いかく)する。「愚かな行為」だが、そこまで彼らを追い込んだ責任は日本やアメリカにないのだろうか。

    国家の凶暴性は日本にもアメリカにも欧州にも中国・ロシアにも潜んでいる。第2次大戦以降の世界情勢が、朝鮮半島北部にある小国の凶暴性を炙(あぶ)り出した。

    同盟国だった中国・旧ソ連に見放され、米国からいつ攻撃されるか心配している。「北」は孤立し、猜疑心(さいぎしん)に満ちた「引きこもり国家」になった。

    事の起こりは日本の植民地統治だ。1910年、武力を背後に朝鮮を併合した。民族の誇りは傷つき、日本の敗戦で独立へと動いたが、今度は冷戦に巻き込まれた。

    半島北部はソ連、南は米国が支配。それぞれ政府が樹立され、分断国家として歩みだす。終戦から5年で朝鮮戦争が起きた。同胞が南北に分かれ、血で血を洗い、全土が戦場となった。

    http://www.newsyataimura.com/?p=6800

    >>2以降に続く)

    2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 19:41:25.19 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き)

    南は米軍の支援で巻き返し、北は中国の応援を得て押し戻す。北緯38度線で停戦協定が結ばれ、以後、南北は一触即発の危うさを秘めながらにらみ合う。

    北はソ連・中国を後ろ盾に米国と対峙したが、中ソは不仲になる。北は「自主独立路線」で大国の干渉を逃れた。やがてソ連が崩壊し、中国は市場経済に邁進。北だけが異質な国となって時代から取り残された。

    経済は国際競争が絶えない。停戦しているが臨戦態勢は解けず、軍事力だけを頼りに我が道を進み、核にすがる危険な国になってしまった。

    大国に武力で排除されることを心配する。イラクに侵攻してサダム・フセインを殺害した米軍が怖い。「攻撃しない」と米国に約束させたい。軍事的挑発を繰り返すのは「こっちを向いてくれ」という必死のサインだろう。

    オバマの米国は、そのサインを無視してきた。北が危険な国であっても米国に危害は及ばない。中東やアフガンなど優先度の高い案件が先だ。東北アジアのならず者に関わっているヒマはない。

    核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)がアメリカの態度を変えた。「米国を射程にいれた核ミサイル」で北朝鮮を脅威と認識した。

    ◆解決は「話し合い」しかない

    ここまで事態をこじらせた責任は米国にもある。日本は2002年9月、小泉純一郎首相が平壌に飛び、金正日総書記(当時)と日朝平壌宣言を交わし、国交回復・平和条約への道筋を付けた。

    北朝鮮を国際社会に引き出す好機だったが、日本主導の融和政策に米国が難色を示した。国内でも拉致問題を重視する安倍晋三首相がブレーキになり宣言は宙に浮き、北朝鮮は核開発へと突き進んだ。

    歴史に「もしも……」はないが、あの時米国と一緒になって北を国際社会に引き出していたら、今日の混乱はなかったかもしれない。

    米国は一撃で北朝鮮を破壊する力を持っている。臨戦態勢の北は38度線沿いに無数の火器を配置し、戦争になれば50キロしか離れていないソウルは火の海になる。

    米国は1994年、北朝鮮の核施設攻撃を想定した作戦を検討したことがある。

    原子力施設の破壊は簡単だが、反撃を受ければ全面戦争に発展する恐れがあり、在韓米軍もシミュレーションで「最初の90日で死傷者は米軍5万2千人、韓国軍49万人、民間人含む死者は100万人」という結果が出た。

    武力行使はできない、ということだ。戦端が切られれば、米軍基地のある日本も深刻な事態になる。

    口で脅すことも交渉の一部だろうが、解決は「話し合い」しかない。

    朝鮮半島には民衆の間に憎しみの連鎖や宗教・民族の対立などない。政権上層部を権力から切り離せばいい。そのための妥協をどうするか、は知恵の絞りどころだ。

    「引きこもり」を脅すだけでは危機は深まるばかり。15年前の日朝平壌宣言に立ち戻る時だ。どこかの国が動くしかない。

    山田厚史(やまだ・あつし)
    ジャーナリスト。元朝日新聞編集委員。「ニュース屋台村」編集主幹。

    (おわり)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1503398470


    はてなブックマークに追加
    1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 18:46:31.44 ID:CAP_USER.net

    http://ksl-live.com/blog10599

    http://ksl-live.com/wp-content/uploads/2017/08/2c2d41d2825be26ecf8ebc0afff8168d-1.jpg


    22日午前1時頃、東京都世田谷区のコンビニ前で、店を出た女性が首をナイフで切り付けられる事件が発生。警視庁世田谷署は韓国籍の自称プログラマー、金輝俊(キム・フィジュン)を現行犯で逮捕した。
    金容疑者は「そんなことしていません」と容疑を否認しているが、本人と思われるツイッターには日本人に対する大量●●の予告が投稿されていることが判明した。


    ■これはヘイトクライムでありテロである

    犯行予告が投稿されたのは21時59分で、犯行の約3時間前である。
    この人物は8月にも繰り返し「イギリス/韓国連合軍で日本を滅ぼす」「宣戦布告」といった投稿を行っており、その投稿を引用する形で犯行予告を行っている。

    あらためて、警告する。2013年に宣戦布告したとおり、イギリス / 韓国の連合軍によって日本人を大量●●する https://t.co/11g6Zh6f2y
    Hwi Jun KIM / 金 輝俊 (@pcaffeine) August 21, 2017

    日本国政府に宣戦布告したのは2013年であり、今回の宣戦布告も含めて、日本対韓国 / イギリスの連合軍による戦争はいかなる理由によっても、永久に終わらない。2013年に宣言したとおり、全ての日本人を大量●●する https://t.co/sqfLPKXYsp
    Hwi Jun KIM / 金 輝俊 (@pcaffeine) August 8, 2017

    The original war between Japan was started at 2013. This series of war will not be ended by any reason. Every Japanese should be ●●●●●●●ed. https://t.co/b5NGgyDuOu
    Hwi Jun KIM / 金 輝俊 (@pcaffeine) August 8, 2017

    第二次東京メトロポリタン●●計画を計画実行に移す。霞が関、裁判所及び、国会議員、歴代政府首脳及び関係者、産業界の主要人物全てを●●に●●。●●ごと●●する。2017/8/7月曜 ●:●●に●●に移す。
    Hwi Jun KIM / 金 輝俊 (@pcaffeine) August 5, 2017

    日本国政府に再度宣戦布告する。韓国及びイギリスの連合軍により、日本を滅ぼす。全ての日本人を韓国及びイギリスの連合軍により根絶やしにする。
    Hwi Jun KIM / 金 輝俊 (@pcaffeine) August 5, 2017

    これらは韓国人による日本人への無差別ヘイトクライムの予告であり、なぜこの投稿が今まで放置されていたのかは不明である。
    先日も、ツイッター社が日本に対して侮蔑的な投稿を放置していることを当サイトでも報じたが、このようなテロが予告され実行に移された以上、ツイッター社も対応を考え直す必要を迫られるだろう。


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1503395191


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 14:45:18.75 ID:CAP_USER.net

    ソウル市、日本軍「慰安婦」の創作コンテンツ公開募集

    ソウル市は、日本軍「慰安婦」の世界記録遺産登録を控えて市民の関心の増大と共感拡散のために創作コンテンツを公開募集すると21日明らかにした。

    ソウル市は、「2017年ユネスコ世界記録遺産登録を市民が応援、日本軍慰安婦コンテンツ公募展」で未発表の創作デジタルコンテンツ(UCC・カードニュース・ウェブトゥーン・漫画・カートゥーン)を公募する。

    公募テーマは「日本軍慰安婦被害者の声をどのように記憶するか」だ。

    応募資格は、高等・大学(大学院)生と一般人である。

    当選作は日本軍「慰安婦」関連記念事業各種広報資料や政策のアイデアとして活用される。当選作は日本軍「慰安婦」記憶の歴史教育資料集製作と教育にも活用される予定である。

    対象1人に200万ウォンが授与される。最優秀賞2人に各100万ウォン、優秀賞4人に各50万ウォン、奨励賞8人に各20万ウォンを授与する。

    受付期間は31日までだ。受付方法は、オンライン受付またはオフライン(メール・訪問)で受付ける。

    1次審査は来月14日に開かれる。 2次審査と授賞式は、同月23日、ソウル市庁で開かれる予定である。

    ソース:韓国言論ニュースハーブ 2017.08.22 06:00
    http://news.joins.com/article/21862465


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1503380718


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 10:45:45.54 ID:CAP_USER.net

    東アジアの超大国は中国で、日本はその周辺にある中等国であり、それが古の東アジアの「常態」―。こんななんともショッキングな記事が『ニューズウィーク』の巻頭を飾りました。

    メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、この記事を引きつつ「日本が中等国に戻りつつある理由」について解説するとともに、人口減少社会への対応を見誤った安倍政権について厳しく批判しています。

    「日本は今なお先進国だ」と思うのはもはや錯覚?──『ニューズウィーク』が突きつける未来予想図

    『ニューズウィーク』8月15・22日合併号のカバー・ストリーは「日本の未来予想図/人口減少2050年の日本」で、巻頭論文「日本を待ち受ける2つの未来」の中で元CIA諜報員(何なんだ? この肩書きは)のグレン・カールがこう書いている。

    中国(清朝)がアヘン戦争に敗れた1842年以降の歳月は、中国が歴史上最も弱かった期間であり、日本が一貫して優位に立つ特異な状況が続いた。しかし今後は、大陸中国こそが超大国で、日本は周辺に位置する中等国という1,000年来の力学が復活するだろう。……
    地理的制約からは逃れられない。中国は地理的大国で、この30年で人類史上最も目覚ましい発展を遂げ、日本を昔ながらの中規模島国に押し戻した。

    なかなか薀蓄深い一文で、第1に、中国が地域の超大国であって日本はその周辺にある中等国であるというのが、1,000年来の東アジアの「常態」であり、従って第2に、日本が優位に立ったのは中国がアヘン戦争に敗れて衰退した1842年以降の175年間だけで、それは長い歴史から見てほんの一時の「特異」な状況だった。そして第3に、最近の30年間を通じてその特異は解消されて常態が戻りつつある、というのである。

    東アジア史の真実

    日本こそアジアの中で飛び抜けた優等民族であり、だからこそ独りアジアを尻目に先進国となって欧米に伍して列強の仲間入りをしたのだという脱亜論に取り憑かれている日本人にとっては、到底受け入れがたい世界史観、アジア観かもしれないが、

    本誌の古い読者ならご存じのように、私はもう10年以上も前からこの説をとってきた。今までに何度も紹介したマディソンの世界主要国パワーバランス変遷図をもう一度お目にかけよう。

    紀元1年以降1000年頃までは、第1位のインドと第2位の中国とで世界GDPの何と83~84%ほどを占めている。

    明から清にかけての中国は東アジア自由交易圏の中心をなす基軸通貨国として大いに繁栄し、インドを抜いて世界ナンバーワンに躍り出るが、その富を狙って英国はじめ西欧が東インド会社を出城にしてマラッカからマカオ・香港へと進出して何もかも奪い尽くし、ついにはアヘン戦争まで仕掛けて中国を滅亡に追い込む。

    中国がどん底まで墜ちたのは1949年の人民共和国建国でようやく日本の侵略と蒋介石との内戦という地獄の苦しみから抜け出した1950年頃のことで、逆にその時に米国はピークを迎えている。

    日本は、アヘン戦争で敗れた中国を蔑視してそこから対中優越意識を芽生えさせてきたのは事実であるけれども、実体的に経済体力が中国を上回ったのは、1960年代から2000年代までの約50年間だけである。

    習近平の謳い文句は「偉大なる中国の復活」で、それを聞くと多くの日本人は、「何を生意気なことを言ってるんだ、どうしようもない遅れた発展途上国のくせに」とせせら笑うのだけれども、

    カールの言い方では「1,000年来の力学」、マディソンの図で言えば2,000年──しかしこの図はさらに左側に紀元前1500~2500年の夏や殷の黄河文明やインダス文明にまで遡ることもできるので4,000年──のアジア史の「常態」は、疑いもなく中国が中心国で日本は周辺国、中国が大国で日本は中等国(ミドルパワー)なのである。

    これが東アジア史の日本にとってのまことに不都合な真実である。

    人口減少という抗い難いトレンド

    なぜ日本は中等国に戻って行くのか。答えはシンプルで、人口減少のせいである。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13502723/

    >>2以降に続く)

    2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 10:46:04.96 ID:CAP_USER.net

    >>1の続き)

    日本は縮みゆく大国だ。……日本の出生率は世界最低レベルで、この傾向が続けば65年までの人口減少率は未曾有の31%。人口は現在の約1億2,700万人から8,800万人に落ち込み、65歳以上が4割を占める超高齢化社会となる。
    生産年齢人口は約5,000万人と推定されるが、これは100年前の水準だ。対照的に中国とインドの人口はどちらも10億を優に超え、アメリカも4億人程度まで増える。
    (カール)

    同じ『ニューズウィーク』誌の別の論文「先進国陥落は間近/戦後幻想の終焉」の筆者デービッド・アトキンソンによると、戦後の日本の経済的成功の最大の要因は、日本人がそう思いたがっているように技術力とか勤勉さではなく、人口の多さにほかならない。

    日本のGDPは英国のそれの1.8倍だが、それは日本の人口が英国の1.9倍であることを反映しているだけで、別に日本人が英国人に比べて特に優れているということの証拠ではない。

    人口が減少すれば必然的に需要は減退する。

    それを「デフレ対策」だとか「金融緩和」だとか「成長戦略」だとか言って乗り越えようとしても無理だと喝破したのは、2010年6月に出た藻谷浩介『デフレの正体』(角川書店)で、そのせっかくの忠告を無視して安倍政権はアベノミクスに突入してどうにもならないところまで行き詰まった。

    結果的に、日本は「92年から25年間ほとんど経済成長していない。ピーク時に日本のGDPは米国の70%だったのが、今では4分の1となった」(アトキンソン)。

    付け加えれば、日本は2010年に中国に追い抜かれて、今では中国の44%の経済規模である。中国が大国で日本が中等国だというのは、将来の話ではなく、すでに現実なのだということに気づかなければならない。

    ここは大事なところである。「92年から25年間ほとんど経済成長していない」というのが日本経済についての基本認識でなければならず、ということは、成長を求めること自体が無理で成熟をこそ目指さなければならない。

    そうすると、獣医学部新設とかカジノ開設とかの「成長」戦略なるものが全く見当違いであるということがすぐに分かるのである。

    対外政策もこれに連動していて、人口学的に中国の圧倒的有利が蘇って日本は中等国として生きるしかなくなっているというのに、米国という20世紀の旧超大国にしがみついて、

    米国を盟主として日本がそのアジア支店長のようになって中国の拡張と対決しようという「中国包囲網」の外交・安保政策を追求するというのは、歴史の流れに対して抵抗勢力化していることであって、これでは出口を失う。

    その根底にあるのは、一言でいって脱亜論で、日本はアジアで唯一、米国に認められた先進国であり、最も信頼された同盟国であって、米国と日本が組めば中国ごときの盲動など力で抑え込むことができるという幻覚である。

    つまり、安倍政権の内外、政経のあらゆる方面における失敗は、人口減少社会への突入という現実を正面から見つめようとしないところから発生していると言えるのである。

    鳩山由起夫の「脱・大日本主義」論

    さて、この『ニューズウィーク』特集の論調は、鳩山由起夫が6月に上梓した『脱・大日本主義』(平凡社新書)とピッタリと一致する。この特集は鳩山の本を下地にして組まれたのではないかと思えるほどである。鳩山は言う。

    今アジア諸国は皆、中国の地域覇権国家化に伴う潜在的脅威と実質的利益を天秤に掛けつつも、中国と友好関係を増進する戦略的重要性を認識し、かつ米国との距離を測って行動している。
    どこの国も両睨みの全方位外交の時代に、日本だけが、日米同盟を神聖視して、いたずらに中国包囲網を目指すというのは新の国益に反するものと言わなければならない。
    70余年前までは大帝国としてアジアに君臨していた日本が、アジアの第一人者の地位を失い、中規模国家化していかざるを得ない運命を感受することは、私にとってもまことに辛いものがある。
    しかし、われわれは中国の地域覇権国家化をやむを得ない歴史的趨勢として、勇気をもって受け入れ、それが日本や他の東アジア諸国に大きなマイナスの影響を及ぼさないような国際体系をつくるために精力を傾ける方向に舵を切らなければならない。
    大日本主義への幻想を捨て、自らの力の限界を自覚し、中規模国家としての日本の国益は何かを見極めること、それが日本の外交防衛政策に新たな地平を拓くことにつながると信じる……。

    (続く)

    3 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 10:46:17.81 ID:CAP_USER.net

    (続き)

    結局のところ、落ち目に入って来た安倍政治を終わらせて野党連合政権を作って方向を切り替えるという場合に、

    その根本には、2,000年だか4,000年だかの悠久の歴史を通じて、東アジアの「常態」とはどういうものであったのかという認識を据えて、対米・対中関係を組み立て直さなければならないだろう。

    要点だけ付け加えるが、

    米国の世紀は終わるし、すでにトランプと共に終わりつつある取って代わって中国が世界的覇権を握るようなことはなく、

    国際社会は全体としては多極世界に入っていく中国は東アジアで地域的覇権国家となってユーラシア全体に影響力を持とうとするのは当然だが、その地域覇権の形は数千年の歴史を持つソフトな朝貢交易関係が基本で、西欧的な武力による領土拡張というハードな物理的な支配とは性格が異なる

    ということに注意が必要である。

    (おわり)


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1503366345


    Ads
    記事検索
    最新記事(画像付)
    逆アクセス

    アクセスランキング

    全ランキング

    リンク・RSSへの追加はランキングを確認して行っています。
    ランクインしているのに追加されていないという方はご連絡ください。

    ギャラリー
    • 【ヘイトクライム】女性の首を切りつけた韓国籍・金輝俊、「全ての日本人を大量●●・根絶やしにする」と予告していた
    • 【韓国】文大統領、日本の議員らと面談し「河野・村山談話を継承してほしい」
    • 【毒蝮三太夫】日本がいま豊かになっているのは韓国のおかげな部分がある 隣同士なんだから、仲良くやっていくことはできる
    • 【朝日】椎名誠「今の日本は最悪じゃないですか。僕はこの不自由な国に生きていることが悲しい」
    • 【中印対立】日本のインド・ブータン支持に中国が反発 日本政府に抗議
    • 【中印対立】日本のインド・ブータン支持に中国が反発 日本政府に抗議
    • 【中印対立】日本のインド・ブータン支持に中国が反発 日本政府に抗議
    • 【中印対立】日本のインド・ブータン支持に中国が反発 日本政府に抗議
    • 【国際】アリアナ・グランデ、韓国公演に対する批判にソーシャル・メディアで応じる
    • 【国際】アリアナ・グランデ、韓国公演に対する批判にソーシャル・メディアで応じる
    • 【韓国】「慰安婦がまるでアイドル化している」 韓国人教授が慰安婦像の量産に苦言=ネット「韓国から出て行け」「日本人より恐ろしい」
    • 【石破茂】もう少し北朝鮮と仲よくすることも大切なんじゃないか
    • 【韓国】歴史問題、徴用工に拡大 日本側厳しい立場に
    • 【韓国】韓国に7時間しか滞在しなかった「ポップの妖精」アリアナ・グランデに、日本だけが好きという意味の「ヤマモト・グランデ」
    • 【猪野亨】日本を侵略しようとする国はない 北朝鮮や中国が日本に軍事侵攻してくると本気で言っている人たちは、本当にかわいそう
    • 【猪野亨】日本を侵略しようとする国はない 北朝鮮や中国が日本に軍事侵攻してくると本気で言っている人たちは、本当にかわいそう
    • 【韓国】文大統領 習主席に韓米中3カ国会談提案=THAAD配備問題で
    • 【韓国】「韓国が日本の“隣町”だから寄っただけ?」=アリアナ・グランデの初訪韓公演に冷ややかな声が上がる理由
    • 【韓国】「慰安婦募集は誘拐事件」 強制性立証、日本の警察文書あった
    • 【韓国】 昔は東海にも塩田があったが、日帝が塩を専売にして失われた~チョン・ジョンヨンの「文学で習う私たちの歴史「
    • 【炎上】朝日新聞論説委員コラム「北朝鮮化する日本?」がネットで炎上 「寒気がする。悪意しか感じない」「朝日は終わり。頭おかしい」
    • 【炎上】朝日新聞論説委員コラム「北朝鮮化する日本?」がネットで炎上 「寒気がする。悪意しか感じない」「朝日は終わり。頭おかしい」
    • 【韓国】北朝鮮危機:米朝緊張の最中に韓国外相・安保室長が夏休み入り 韓国大統領府「米朝間の舌戦に韓国が介入して意味があるのか」
    • 【韓国】旧日本軍による慰安所設立示す未公開文書、韓国機関が公開 「日本政府に正式な謝罪を要求することができる根拠となる」
    • 【朝日新聞】北朝鮮化する日本? 箱田哲也
    • 【中央日報】アニメの本場、日本の鼻をへし折った韓国の高校生5人組 韓日両国の審査委員「日本のまんがに維新をもたらした」と絶賛
    • 【中央日報】アニメの本場、日本の鼻をへし折った韓国の高校生5人組 韓日両国の審査委員「日本のまんがに維新をもたらした」と絶賛

    つゆダク(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14)

    つゆダク(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    つゆダク(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    年上ノ彼女(ヒト) 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    アイアムアヒーロー(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    アイアムアヒーロー(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

    このSを、見よ!(2)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    このSを、見よ!(3)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 2

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 3

    宇宙兄弟【期間限定 無料お試し版】 1

    恋花温泉 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)

    恐怖新聞(1)

    東京大学物語(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

    ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

    ゆりキャン ~ゆりかのキャンパスライフ~ 1 【期間限定 無料お試し版】 (ジェッツコミックス)
    最新コメント
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ